ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ジェネレーティブAIは今流行しているかもしれないが、人間よりもはるかに能力の高い人工知能システムに関しては、審査員の意見は間違いなく一致



ジェネレーティブAIは今流行しているかもしれないが、人間よりもはるかに能力の高い人工知能システムに関しては、審査員の意見は間違いなく一致、その内容とは?としていて、不特定多数のサンプルを利用しているようで、その結果はどうなったのか?


ジェネレーティブAIは今流行しているかもしれないが、人間よりもはるかに能力の高い人工知能システムに関しては、審査員の意見は間違いなく一致している。アメリカの有権者を対象とした調査によると、回答者の63%が、何らかの制限を設けることはおろか、それが実現することを積極的に防ぐために政府の規制を設けるべきだと考えていることがわかった。

この調査は、YouGovが人工知能政策研究所のために実施したもので、昨年9月に行われた。米国の有権者1,118人という少数のサンプリングに過ぎないが、対象となった層は広く、投票人口をかなり代表している。

この調査での具体的な質問のひとつは、『規制はスーパーインテリジェンスを遅らせるという目標を持つべきかどうか』に焦点を当てたものだった。具体的には、人工知能(AGI)についてであり、OpenAIやGoogleのような企業がその実現に向けて積極的に取り組んでいるものである。前者の場合、そのミッションには『人工知能が全人類に利益をもたらすことを確実にする』という目標が明示されており、この分野で活動する人々が共有する見解である。たとえそれが、OpenAIの共同設立者の1人が退任することになったとしても・・・。

OpenAIの意図がどれほど立派なものであるか、あるいはそうであったかはともかく、現在のところ米国の有権者には伝わらないメッセージだ。調査対象者のうち、63%が『規制はAIの超知能化を積極的に防ぐことを目指すべきだ』という意見に同意し、21%が『わからない』と感じ、16%が『まったく同意しない』と答えた。

調査結果全体から、有権者は、AIが私たち全てにとって有益であることよりも、『危険な(AI)モデルが悪質な行為者の手に渡らないようにする』ことを著しく懸念していることがうかがえる。より強力な新しいAIモデルの研究は規制されるべきであると、調査対象者の67%が回答している。回答者の70%近くが、AIは『危険で強力なテクノロジー』のように規制されるべきだと感じている。

その人たちがAIについて学ぶことに反対していないわけではない。AI教育、研究、訓練へのアクセスを拡大する議会での提案について尋ねたところ、55%が賛成したのに対し、24%が反対した。残りは『わからない』という回答だった。

AGIに対する否定的な見方の一因は、人間よりも優れた人工知能について質問されたときに、一般人が間違いなく『スカイネット』と考えることだろう。それよりもはるかに基本的なシステムであっても、ディープフェイクや雇用喪失に対する懸念は、AIが潜在的にもたらす可能性のあるプラス面を見出す助けにはならないだろう。

この調査結果は、人工知能政策研究所にとって喜ばしいものであることは間違いないだろう。『政府の積極的な規制によって、AIによる不安定化の影響を大幅に軽減できると考えている 』からだ。というのも、私が身近な友人や家族を対象に行った非科学的な調査でも、同じような結果が出たからだ。

これが真実かどうかはともかく、オープンAIやグーグルなどは、AGIが本当に人類にとって有益であることを有権者に納得させるために、明らかに多くの仕事を抱えている。というのも、現時点では、AIがより強力になることについては、それとは反対の議論にもかかわらず、完全に否定的な見方が大勢を占めているように思えるからだ。


関連リンク



高度に発達したAIが生まれても得意不得意の分野があり、0から1を生み出す事はAIには出来ないので、アレンジや単純作業などはAIが担当しそうですが、インテリ分野は難しいでしょうね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク