ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

オープンワールド武侠ゲーム『Where Winds Meet』が今月、北米プレイヤー向けに限定ベータテストを実施へ、その概要とは?



オープンワールド武侠ゲーム『Where Winds Meet』が今月、北米プレイヤー向けに限定ベータテストを実施へ、その概要とは?としていて、日本からは参加出来ないので、ムービーを見てどのようなものかチェックですね。


オープンワールド武侠ゲーム『Where Winds Meet』が今月、北米プレイヤー向けに限定ベータテストを実施する。

このゲームは中国の開発会社Everstone Studioによるもので、中国の歴史と武侠に根ざした体験の中で流浪の剣士を追う。

プレイヤーは今すぐベータへの招待を申し込むことができ、これが初の海外ベータテストとなる。実施期間は4月19日から22日まで。以下の美しい新トレーラーで、このゲームの新鮮な魅力をご確認ください。

『Where Winds Meet』は武侠に強くインスパイアされており、武術をベースにオープンワールドの探索や謎解き、動物を模したムーブセットによるダイナミックな戦闘が繰り広げられる。

伝統に彩られたゴージャスな本作には、伝統楽器の演奏や中国将棋、東遊ゲームなどのミニゲームも用意されている。

Everstone StudioのプロデューサーであるBeralt Lyu氏は、『現在募集を継続中で、皆さんと一緒にこのスリリングな東洋武侠の冒険の旅に出られることに興奮しています。皆さんのフィードバックは、ゲームを最適化し、洗練させる上で非常に重要です。』

リリース日についてはまだ発表されていないので、このベータテストは実際にプレイできる重要なチャンスとなるだろう。

ヨーロッパ・サーバーでのベータテストの詳細は未定だが、ラグが許す限り、このベータテストに申し込む価値はあるかもしれない。

私はGamescomで開発者に会い、『Where Winds Meet』の短いセクションをプレイしたが、私のスキル不足にもかかわらず、その美しさに目を見張った。


関連リンク





原神を生み出して以降、このようなゲームが色々と中華初で出始めており、存在が大きくなってきていますね。そういう意味ではアジアのゲームがどれだけ世界に支持されるかという一面がありそうですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク