ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Xboxはマイクロソフトが期待したほど急成長していないかもしれないが、同事業は巨大ハイテク企業の中で実に収益性が高く、進化しているセグメントである事を強調へ



Xboxはマイクロソフトが期待したほど急成長していないかもしれないが、同事業は巨大ハイテク企業の中で実に収益性が高く、進化しているセグメントである事を強調へとしていて、フィルスペンサー氏がそれを説明しており、ビジネス面ではどうか?


Xboxはマイクロソフトが期待したほど急成長していないかもしれないが、同事業は巨大ハイテク企業の中で実に収益性が高く、進化しているセグメントである。

ここ数年、Xboxの収益性が疑問視されている。Xbox Game Passにファーストパーティーのゲームをリリースすることが、どれだけ収益につながるのか?カニバリゼーション(共食い)は、潜在的なゲーム売上にどれだけ食い込むのか?Xboxはビッグ3の中で唯一利益を公表していないが、これはゲームが独自のセグメントではないからだ。XboxはマイクロソフトのMore Personal Computingセグメントに属しており、Windowsも含まれているため、Xboxの利益を分離することはほとんど不可能だ。

FTC対マイクロソフトの連邦裁判は、Xboxの成長に関する欠点も浮き彫りにした。XboxがXbox Game Passの加入者目標(2022年に44%未達)やゲーム全体の収益目標(2023年に7億8,000万ドル未達)を達成していないのは事実だが、ゲーム部門はまだ利益を上げている。そして、フィルスペンサー氏によれば、Xboxも成長している。

『我々はビジネスだ。何度も何度も言ってきた。マイクロソフト社内で収益性の高い成長事業を運営しなくていいなんて贅沢は言わない。そして今日、我々はそうなっている』とXboxゲームCEOフィルスペンサー氏はPolygonとの最近のインタビューで語った。

この成長の起爆剤となったのは、Xboxのビジネス全体だけでなく、より多くのゲームを販売するために一部のファーストパーティゲームをPlayStationと任天堂に提供するといった大きな変化も混ざっている。アクティビジョン・ブリザード・キングの買収も貢献しており、ATVIはすでにXboxの四半期ホリデー収入に20億ドル以上貢献している。

フィルスペンサー氏がXboxの収益性について語ったのはこれが初めてではない。公平を期すために、Xboxがまだ存在しているという事実によって、議論する必要はないかもしれない。マイクロソフトはおそらく、不採算の重荷を背負っていくことはないだろう。本当の問題は、Xboxがどれだけ利益を上げているかということであり、特にプレイステーションは現在6%の営業利益率を報告している。

2022年、ウォールストリート・ジャーナルのライブイベントで、フィルスペンサー氏はゲームパスは黒字だと述べた。

また、ゲームパスの収益を計算できる具体的な数字も示した。2021年、Game Passは12億5800万ドル〜18億8700万ドルを稼ぎ出し、2022年には18億7000万ドル〜18億8000万ドルを稼いだ可能性がある。

2023年、スペンサー氏はGiant Bomb at NiteのインタビューでXboxの収益性を改めて強調した。

『Game Passは黒字で、Xboxも黒字だ。私はそれが持続可能であると言ってきたが、人々は私がそれを何を意味するのか私に尋ねた 』とスペンサー氏は2023年6月に述べた。


関連リンク



ゲームパスもXBOXも黒字だとフィルスペンサー氏は述べているものの、ゲームはビジネスだとはっきりと強調しており、今後どのような舵を切るのは不透明な点もまだあるようで心配ですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク