ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ゲームボーイで発売された『ポケットモンスター 赤・緑・青』は、交換・対戦できることで大きな盛り上がりを見せた中、重要な要素『バグ』を紹介!



ゲームボーイで発売された『ポケットモンスター 赤・緑・青』は、交換・対戦できることで大きな盛り上がりを見せた中、重要な要素『バグ』を紹介!としていて、リアルタイムで遊んできた人には良くわかる話になっているようですね。


ゲームボーイで発売された『ポケットモンスター 赤・緑・青』は、友人や家族とポケモンを交換・対戦できることで大きな盛り上がりを見せましたが、実はもうひとつ重要な要素があります。

 それが「バグ」。今のゲームであればバグはなるべく避けてほしいものですが、昔はまた価値観が異なります。特に初代ポケモンは、バグ技があった影響でミュウの存在が知られたり、「裏技」として話題になったのですから。

 そして、バグ技で発見されたもののなかで特に有名なのが、謎の存在である「オーキドせんせい」と「けつばん」です。

「オーキドせんせい」という言葉を聞いて、疑問を持った人もいるかもしれません。「オーキド博士ではないのか?」と。たしかにそれは正しい指摘です。

 ただし、バグ技で出現する謎のトレーナーは間違いなくオーキドせんせいなのです。どうやらこのトレーナーは一応は制作されたものの、没データになってしまった模様。初期段階ではオーキド博士が先生だったのかもしれません。

 オーキドせんせいを出すには、道具欄でセレクトを押してからキャンセルするいわゆる「セレクト技」を使います。特定の位置にある道具を用いてセレクト技でバグらせると、トレーナーや敵を指定する数値を強引に書き換えられるため、没データのオーキドせんせいを呼び出せるわけですね。

 オーキドせんせいは手持ちのポケモンがきちんと設定されています。レベル66のケンタロスが初手で、主人公とライバルが選ばなかった第3の初期ポケモンを出してくるのです。もしかしたら、クリア後に戦える要素だったのかもしれません。

 なお、初代ポケモンをさまざまな面でオマージュした『ポケットモンスター X・Y』では、その作品の博士とバトルする要素が収録されています。その次の『ポケットモンスター サン・ムーン』では、博士が強大なライバルにもなるのです。オーキドせんせいは没になってしまいましたが、初代からあった構想は後の作品に引き継がれたようです。

そして、もうひとつ忘れてはいけない謎の存在が「けつばん」です。

 けつばんはバグ技で出現するポケモンです。当時は「まだ知られていない謎のポケモン」だとか「ミュウと違って公表できないマジでヤバいポケモン」と子供たちの間で噂になっており、ポケモンの神秘性を感じさせる存在でした。

 もっとも、今となってみればこのポケモンが「欠番」であることは明白です。ただ、このポケモンを出現させるとゲームがものすごいバグってしまうことや、セーブするとデータがおかしくなってしまうことなどもあり、より不思議な存在として捉えられていました。

 今はバグ技の論理も理解されているため、意図的にけつばんを出せます。こちらもセレクト技を活用させるのですが、「技をバグったものに変更してディグダを捕まえると、それがけつばんに変化する」テクニックが主流です。

 けつばんを捕まえようとすると、画面が盛大にバグります。「ち。。。もホ あく ソコン」など意味不明な文字が並び、HPゲージは盛大に画面をはみ出します。

 とはいえ、捕獲自体は可能です。けつばんはバージョンごとに強さが変化し、『ポケットモンスター 青』ではレベル127でこうげき・ぼうぎょが600を越えるまさにモンスター級の強さを誇ります。

 そのほかも盛大にバグっており、タイプ2は「ヌ゛る」ですし、技は「わざマシン08」や「わざマシン01」など、まともではありません。おまけにけつばんのステータス画面を見ると、その後のバトルでポケモンや主人公の向きが変化するバグまで発生するのです。

 当然ながら、けつばん周りの動作が不安定で少し操作を間違えるとすぐフリーズします。セーブするときも別のバグ技を活用しなければデータがおかしくなってしまうわけで、非常にリスクの高い存在になっています。

 このような危険過ぎるバグが残っていたのも驚きですが、それを好意的に受けいれていた1990年代にもびっくりです。もちろん初代ポケモン自体がものすごい流行っていたから、という前提はあるのですが、今では考えられないでしょう。


関連リンク



元祖ポケモン世代の人には懐かしい話といえそうで、バグ技を体験した人もいるでしょうね。今ではこうした致命的なバグが出る事はないですから、制作体制も整えられていますね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク