ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

CD Projekt Redによると、『ウィッチャー4』は今年後半に本格的な制作を開始する予定、そこから読み取れる事とは?



CD Projekt Redによると、『ウィッチャー4』は今年後半に本格的な制作を開始する予定、そこから読み取れる事とは?としていて、主に発売時期を示唆していますが、PS6や次世代XBOXとの関係性もあるようですね。


CD Projekt Redによると、『ウィッチャー4』は今年後半に本格的な制作を開始する予定とのこと。The Witcher 4の発売日を推測するには、The Witcher 3: Wild Huntの拡張版であるBlood and Wineがリリースされた後の2016年まで制作が開始されなかったCyberpunk 2077を見る必要はない。これはCD Projelt Redの最新作であるため、参考になる。

本格的な制作に入り、2020年にリリースするまでの4年間。この時点で私たちが何をしようとしているのか、お分かりいただけるだろう。ウィッチャー4が今年フル生産を開始するのであれば、基本的な計算では2028年に発売されることになる。この日付が特に興味深いのは、以前リークされたマイクロソフトの文書で、PS6と次期Xboxが2028年の発売を暫定的に予定していることが明らかになったからだ。もしこれが聞き覚えのあるものだとしたら、それはまさにクロスジェネ・リリースとなった『サイバーパンク2077』で起こったことだからだ。そして、ご存知の通り、PS4とXbox Oneでひどい動作をし、その過程でかなりの論争を巻き起こした。この点で、『ウィッチャー4』が『サイバーパンク2077』の二の舞になるかどうかはまだわからないが、興味深い重複点ではある。

この憶測には、2つほど突っ込みどころがある。ひとつは、『サイバーパンク2077』は突貫工事で作られたということだ。おそらく1年の開発期間が必要だっただろう。もしかしたら2年かもしれない。サイバーパンク2077のロンチが大失敗だったことを考えると、CD Projekt Redはこの失敗を繰り返さないと考えるだろう。このため、おそらく5年待ちの可能性が高く、2029年にゲームが発売されることになるだろう。

もう1つの可能性は、このゲームに取り組んでいるチームが、CD Projekt Redがこれまでに集めたチームの中で最大規模であるという事実だ。『サイバーパンク2077』と比べてゲームの範囲がどうなるかによるので、これが開発にとって何を意味するのかを読み解くのは難しい。もし範囲が広ければ、この2つのことは相殺されるだろう。もし似たようなものであれば、開発はより早く進むはずで、2027年が登場することになる。

現時点では、2029年が最も安全な賭けのように思えるが、2028年後半にリリースされる可能性があるのは確かだ。そして、遅延の多いこの業界では、2030年を除外することはできない。このスパンのどこでゲームが発売されるにせよ、少なくとも次世代機、そしておそらく今世代機で発売されることは間違いないだろう。


関連リンク



2027年~2030年とかなりブレブレな予想ですが、PS6や次世代XBOXに被る時期になるので、どのハードをターゲットに開発するかによって時期が変わってくるのかもしれないですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク