ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

マイクロソフトとArkane Studiosの共同開発によるスーパーヒーローアクションアドベンチャーゲーム『Marvel's Blade』がVoid Engineで開発されている見通しを紹介!



マイクロソフトとArkane Studiosの共同開発によるスーパーヒーローアクションアドベンチャーゲーム『Marvel's Blade』がVoid Engineで開発されている見通しを紹介!としていて、アンリアルエンジンなどは使わない独自エンジンで制作されいる模様。


マイクロソフトとArkane Studiosの共同開発によるスーパーヒーローアクションアドベンチャーゲーム『Marvel's Blade』がVoid Engineで開発されているようだ。

Arkane Studiosのリード・ゲームプレイ・プログラマーであるNyasha Karata氏のLinkedInプロフィールによると、同スタジオはVoid EngineでMarvel's Bladeを開発しているようで、メインのプログラミング言語としてC++を使用している。

Karata氏はMarvel's Bladeのゲームプレイメカニクス、システム、機能の設計と実装を担当しています。彼はデザイナーと協力し、クリエイティブなビジョンを機能的なゲームプレイ・システムに変換しています。

これはMarvel's Bladeの開発にVoid Engineが使用されているという確証ではありませんが、Arkane Lyonでこのゲームに携わっている開発者の履歴書にVoid Engineが記載されているのはこれが初めてではありません。また、同スタジオの最近のプロジェクトである『Dishonored 2』と『Deathloop』の2本がVoid Engineで開発されたこともある。開発チームがこのエンジンを棚上げして、Unreal Engine 5 のような代替エンジンを採用したという事実はありません。とはいえ、公式ルートで確認が取れるまでは、いかなる噂や憶測も大いなる噂に見ていただきたい。

以前、Arkane Studios LyonでMarvel's Bladeのキャンペーンディレクターを務めるDana Nightingale氏のLinkedInプロフィールによると、同ゲームの開発は2022年1月初旬に開始されたことが明らかになりました。Dana Nightingale氏はレベルデザインチームの責任者であり、キャンペーンの主要デザイナーでもある。

Marvel's Bladeについては、三人称視点のアクションゲームであること以外はあまり知られていない。これまで主に一人称視点のアクションタイトルを手掛けてきたArkane Studios Lyonにとって、このカメラ視点は初めての試みだ。エリック・クロス・ブルックスとしても知られるブレイドは、マーベル・コミックに登場する架空のキャラクターだ。マーヴ・ウルフマンとジーン・コランによって創作されたブレイドは当初、『ドラキュラの墓』第10号(1973年7月)に脇役として登場し、その後、自身のストーリーの中心人物となった。ブレイドは世界からヴァンパイアを抹殺することに専心しており、ヴァンパイア・ハンターとしてその特異な生理機能を活かしている。


関連リンク



ブレイドそのものはハリウッド映画化されているので知っている人も多いおなじみのキャラクターですねヴァンバイアと人間の混血という設定で、ヴァンパイアハンターとして生きるストーリーですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク