ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

新たなPSNのリーク情報により、1995年にPS1で発売されたスター・ウォーズのゲームが、来月4月16日にPS4とPS5を通じて復活することが明らかに



新たなPSNのリーク情報により、1995年にPS1で発売されたスター・ウォーズのゲームが、来月4月16日にPS4とPS5を通じて復活することが明らかにとしていて、その内容とは?という話になりますが、これがどうやら曰く付きの作品のようですね。


新たなPSNのリーク情報により、1995年にPS1で発売されたスター・ウォーズのゲームが、来月4月16日にPS4とPS5を通じて復活することが明らかになった。当時PS1コンソール独占だったこのゲームは、リリース時にPSプラス・プレミアムを通じて無料で提供される予定だ。とはいえ、PS Plusの最も高額なレベルに加入していないユーザーも、PS4またはPS5、あるいはその両方でゲームを楽しむことができる。再リリースの価格帯はリークされていないが、おそらくこれまでのPS Plusプレミアムのクラシックゲームの多くと同様に9.99ドルになるだろう。

問題の謎のスター・ウォーズ・ゲームは、ルーカスアーツとファクター5が1993年の『スター・ウォーズ/反乱者たち』の続編として制作した『スター・ウォーズ/反乱者たちII:隠された帝国』だ。スター・ウォーズ・エキスパンデッド・ワールドを舞台にした『スター・ウォーズ/反乱者たちII:隠された帝国』は、発売当時は賛否両論だった。多くの中途半端なレビューに加え、かなり否定的な評価もあれば、かなり肯定的な評価もあった。当時、このゲームのビジュアルとカットシーンの使い方は賞賛されたが、操作スキームのせいでプレイしにくいと感じる人も多かった。

ルーキー・ワンは反乱軍の偵察パトロールの一員である。『彼はドライトン近辺で起きた反乱軍の宇宙船の失踪事件を調査している。この地域の伝説は、初期のハイパースペース旅行者が方角を見失い、星雲の海流、渦、嵐の中で姿を消した時代にさかのぼる。クローン戦争の最中、2つの敵対する戦闘艦隊が、戦いの頂点でドライトン星雲に飲み込まれ、この星雲が戦いの唯一の真の勝利者となった。』

ゲームの公式説明はこう続く。『直感的でやりがいのあるアーケードゲームプレイ、15の陸・空・宇宙ミッション、スター・ウォーズオリジナルストーリー、フルスクリーン高画質映像、イージーからハードまでの4つのスキルレベル、ジョン・ウィリアムズのスター・ウォーズサウンドトラック、スカイウォーカー・サウンドによる本物の効果音など、画期的な改良が多数施されています。』

なぜこのゲームがPS4とPS5で発売されるとわかっているかというと、PSNから削除されたからだ。とはいえ、記事公開時点では、このリークについて関係者は誰もコメントしていない。とりあえず、このリークも他のリークと同じように、つまり大いなる噂に見てほしい。


関連リンク



ファクター5なんて十年振り位に聞きましたね。最後にパルテナの鏡を作りたいと任天堂に直談判していたんですが、当時の岩田社長に相手にしてもらえなかったですね。すでに倒産した会社で、このゲームのクオリティもどうか?

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク