ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

セガサミー決算、欧州市場苦戦、欧州スタジオを売却、リストラを実施、特別損失も計上へ



セガサミー決算、欧州市場苦戦、欧州スタジオを売却、リストラを実施、特別損失も計上へとしていて、成果が出ていない所を徹底的に見直す姿勢のようで、その辺はパチスロ屋らしい部分が見え隠れする部分を感じさせる一面ですね。


セガサミーホールディングスは、この日(3月28日)、欧州地域の構造改革の各施策の実施に伴い、2024年3月期において、新たに56億円の売上原価と62億円の特別損失を計上する見込みであると発表した。また、2023年9月28日公表分と合わせた構造改革実施の効果としては、年間のキャッシュアウトが100億円程度抑制される見通しとした。2024年3月期の連結業績見通しについては、他の要因も含め現在精査中であり、業績予想修正の必要がある場合には速やかに公表する、としている。

まず、欧州地域における構造改革を行っているが、その施策として、子会社であるRelic Entertainmentの全株式を英国の投資会社である Emona Capitalが新設する持株会社に売却するとのこと。譲渡先や譲渡価額は非公開としている。事業再編損失47億円を特別損失として計上する。 

また、欧州スタジオにおける中期ラインナップタイトルの見直しを行い、一部開発中のタイトルの仕掛品の評価減を行う。これに伴い、売上原価として56億円を計上する見込み。これに伴い、欧州地域の複数の拠点から240名の人員削減を行う。事業再編損失15億円を特別損失として計上する。ちなみに、昨年9月に公表した欧州スタジオの一部タイトルの中止に伴い、すでに250名を削減している。

同社によると、コロナ禍における巣ごもり需要からの反動減やインフレ等による経済環境の悪化などを受け、特に欧州地域におけるコンシューマ分野を取り巻く事業環境の変化が急速に進み、収益性が悪化していることが背景にあるという。環境変化に早急に適応し収益改善を実現するため、欧州拠点の構造改革の実施を決定し、同拠点における中期ラインナップの見直し、固定費適正化・投資効率改善及び開発/販売体制・管理体制見直しに関する検討を進めてきたという。


関連リンク



欧州スタジオを売却&リストラと苦戦している地域をてこ入れしていますね。この辺は動きが素早いセガサミーなので、合理的に動いていますが、外資系とあまり大差ない部分も感じますね。

 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク