ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ソニーの公開された特許から、長いテキスト行をスキップするプレイヤーが重要なクエストやストーリーの詳細を見逃さないよう、ダイアログを簡略化するのに役立つソニーのソフトウェアシステムが明らかに



ソニーの公開された特許から、長いテキスト行をスキップするプレイヤーが重要なクエストやストーリーの詳細を見逃さないよう、ダイアログを簡略化するのに役立つソニーのソフトウェアシステムが明らかにとしていて、日の目を見る事はあるかですね。


最近公開された特許から、長いテキスト行をスキップするプレイヤーが重要なクエストやストーリーの詳細を見逃さないよう、ダイアログを簡略化するのに役立つソニーのソフトウェアシステムが明らかになった。ここ数ヶ月、ユーザーを支援するためのソニーのソフトウェア特許が数多く公開されており、技術大手の研究開発努力が浮き彫りになっている。

1946年に設立されたソニーは、テレビのハードウェアと番組制作、ビデオゲーム機とタイトル、音楽機器とレーベルなどに特化した子会社を擁し、ハイテクとメディアにおけるトップランナーとして長い間君臨してきた。同社はゲーム機のプレイステーションシリーズを所有しており、ソフトウェアのアップデートの可能性に関する特許を頻繁に発表している。

ソニーの特許によると、同社はダイアログの複雑さに対するプレイヤーの反応を測定し、ユーザーが重要な詳細を見逃さないように簡略化されたテキストの概要を提供するソフトウェアの開発に取り組んでいる。この特許は特に、複雑なシナリオと膨大な台詞を持つゲームを対象としており、一部のプレイヤーを圧倒し、混乱させる可能性がある。このダイアログ複雑化ソフトウェアは、重いテキストに対するプレイヤーの反応を測定し、発言内容の簡略化された要約をトリガーするオプションをプレイヤーに与える。そうすることで、長いセリフを読み飛ばしたいプレイヤーも、ストーリー要素やクエストの詳細を見逃す心配がなくなる。このダイアログ複雑化システムは、ユーザーエクスペリエンスの向上に焦点を当てた最近のソニーのソフトウェア特許の数に追加されるが、これらのプログラムのいずれかが一般に利用可能になるという保証はない。

ソニーのダイアログ複雑化ソフトウェア特許に詳述されているように、このシステムは、拡張されたダイアログセグメントに対するプレイヤーの反応を評価し、テキストの簡略化された要約を生成するプロンプトをトリガーする。例えば、プレイヤーがカットシーンをスキップしようとしていることにシステムが気づいた場合、ユーザーには重要なダイアログポイントの要約を受け取るプロンプトが表示される。プレイヤーは、さらに簡略化された要約を受け取り続けることもできるし、あらすじを無視して単に好きなようにシーンをスキップすることもできる。このシステムによって、プレイヤーは自分の好みに合わせてゲームをプレイできるようになる。これは、ゲームをより身近なものにするというソニーの努力の中で一貫して重視されてきたことだ。しかし、企業が特許を申請しても実現しないことはよくあることなので、プレイヤーがこの対話複雑化ソフトウェアを利用できるようになるかどうかは不明である。

技術やゲームを様々な人々が利用できるようにしようとする企業が増える中、このような役に立つシステムが実際に利用できるようになるのか、あるいはいつになるのか、多くの人が疑問に思っている。ソニーは数多くの特許を出願しているが、そのほとんどはまだユーザーに公開されていない。この対話複雑化ソフトウェアが、プレーヤーに届く数少ないシステムのひとつになるかどうかはまだわからないが、ソニーや他の技術大手の舞台裏での努力は、多くの人にとって重要な焦点であり続けている。


関連リンク



ソニーは役立つ特許を色々取っていますが、これが現実になるかは別問題で、特にこのような難しい技術を取得した場合、どのように活用出来るのかなどまだわからない点が多いですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク