ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

マクドナルドの研修用に使われるらしい特製DS本体と研修用ソフトがオークションにかけられていた事が明らかに



マクドナルドの研修用に使われるらしい特製DS本体と研修用ソフトがオークションにかけられていた事が明らかにとしていて、それがどのような経緯で流れたのかというものであって、今はもう使っていないからかと推測されますね。


ハンバーガーチェーン「マクドナルド」が店員研修用に使ったとみられる携帯型ゲーム機が中古品としていくつか出回っており、波紋が広がっている。


 X上で販売を告知したリユースショップ「ハードオフ」の店舗では、疑問が相次いで、販売を一時中止した。この研修用とみられるゲーム機について、日本マクドナルドは、実物を見ていないので研修用か分かりかねるとしたうえで、「中古市場で販売されているようでしたら、大変残念」と述べた。

■リユース店舗「販売を一時中止し、マクドナルド様に正式に確認中」

「知る人ぞ知るマクドナルド研修用DSIとeCDPのセットが入荷です!」

 ハードオフの船橋習志野台店(千葉県船橋市)では2024年3月18日、X上でこう告知して、その写真を投稿した。

 黒っぽいゲーム機「ニンテンドーDSi」のフタ表面には、マクドナルドの頭文字でお馴染みのロゴ「M」が大きくデザインされている。その脇には、ゲーム機用のソフトが置かれ、マクドナルドの「クルトレ」とあった。クルートレーニングの略とみられ、ネット上の情報によると、eCDPとは、店員研修用電子プログラム「eCrew Development Program」を指すようだ。

 店の投稿では、「珍しいもの」だとして、来店を呼びかけていた。

 その後、この告知について、業務用のものの販売であり、マクドナルドの許可を得ているのか、などと疑問の声が相次ぎ、炎上状態になった。

 これに対し、船橋習志野台店は翌19日、投稿を削除したうえで、「dsIマクドナルド研修用モデルにつきまして」と題して、X上で釈明した。

「昨日、当店がポストいたしました当該商品につきまして、現在販売を一時中止し、マクドナルド様に正式に確認中です。おってご報告致しますので今しばらくお待ちくださいませ。お騒がせし大変申し訳ございません」

 この研修用ゲーム機は、中古品として広く出回っているようだ。

 フリマアプリのメルカリでは、「非売品のマクドナルドのdsi本体です」などとして、税込11万円で販売されていたが、この騒ぎを受けたためか削除された。過去には、ロゴ「M」の入ったゲーム機が6点5~18万円で落札されていた。ヤフーオークションでも、2点が27日11時現在で販売中となっている。

ハードオフ「日本マクドナルドに商品をお返しする方向で対応」
 この研修用とみられるゲーム機について、日本マクドナルドの広報部は3月26日、J-CASTニュースの取材に対し、「拝見する限り、昔トレーニングに使用していたニンテンドーDSのように見受けられますが、実物を拝見しておりませんので、分かりかねます」と述べた。

 研修用について、「当時ゲーム感覚でバーガーやポテト作りなどを学べるトレーニングツールとして導入したものです」と説明した。そして、「より新しいタブレット端末式のトレーニングツールが導入されたのに伴い、ニンテンドーDSの利用は2018年までに終了しました」とした。

 ハードオフ船橋習志野台店から連絡を受けていることを明らかにしたうえで、「その内容に関しましては個別のやり取りとなりますため、コメントは差し控えさせていただきたいと存じます」と答えた。

 「バーガーやポテトの作り方など社外にも共有したことのある内容ですので、社外秘情報は含まれておりません」としながらも、「もし、マクドナルドのトレーニングツールが中古市場で販売されているようでしたら、大変残念に思います」と述べた。

 船橋習志野台店は、ハードオフコーポレーション(新潟県新発田市)の子会社が運営している。ハードオフコーポレーションの担当者は27日、次のように取材に答えた。

「研修用の商品については、販売することはありません。日本マクドナルドに商品をお返しする方向で対応を進めています。買い取った経緯については、個人情報になりますので、開示する予定はありません」


関連リンク



マックの研修用DS本体があったとしていて、珍しいものではありますね。それが流出してオークションにかけられていたとしており、返却する予定としていますね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク