ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Fallout 76に新たなクエストラインと探索可能なロケーションが追加され、ゲーム内の『シーズン』の仕組みが大幅に刷新へ



Fallout 76に新たなクエストラインと探索可能なロケーションが追加され、ゲーム内の『シーズン』の仕組みが大幅に刷新へとしていて、その内容とは?という話であって、どんなアプローチをするものかといえますね。


Fallout 76に新たなクエストラインと探索可能なロケーションが追加され、ゲーム内の『シーズン』の仕組みが大幅に刷新される。このアップデートは『America's Playground』と名付けられ、昨年Fallout 76に追加されたアトランティックシティの『マップ』が再び中心となっている。

Fallout 76の『America's Playground』アップデートに飛び込むと、プレイヤー向けに新鮮なクエストラインが用意されている。アトランティックシティの中心部が舞台で、数年前からプレイヤーに親しまれている『遠征』モデルに基づいて作られている。また、ゲームのコアマップであるアパラチアにもまったく新しいクエストラインが用意されているが、これはアトランティックシティとはクロスオーバーしている。

『拡張マップ』については、プレイヤーはアトランティックシティをさらに探索し、さまざまな商人やサイドクエストを発見することになる。

今回のアップデートの最大の話題は、『スコアボード』システムの劇的な見直しだ。元々、プレイヤーは無料でアクセスできるスコアボードをこなしていくことができ、そこには無料の『アトム』やコスメ、ブースト、クラフトアイテムなどの特典が詰まっていた。ベセスダ・ゲーム・スタジオはそれを廃止し、プレイヤーが自分のペースでアンロックできるアイテムがページいっぱいに並んだシーズンパスのようなものを導入した。

チャレンジをクリアしてトークンをアンロックし、そのトークンをシーズンパス内のさまざまなアイテムに使うことができる。これはまだ無料だが、Fallout 1stのサブスクリプションを持っていないプレイヤーは、スコアボードの『プレミアム』側にアクセスするためにお金を払うことができる。

America's Playgroundのアップデートサイズは以下の通り。

PC (Steam): 17.1 GB
PC(マイクロソフトストア) 27.1 GB
Xbox: 27.08 GB
プレイステーション: 26.1 GB


関連リンク



DL容量もそれほど大きいものではないので、追加シーズンを楽しめる人はプレイしてみてはという話ですね。17シーズン目ということで、息の長いゲームなっていますね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク