ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

フォールアウト76は、ロンチで躓いたものの、その後のアップデートで復活したゲームの1つである中、クロスセーブが出来ない事について、フィルスペンサー氏が訴える



フォールアウト76は、ロンチで躓いたものの、その後のアップデートで復活したゲームの1つである中、クロスセーブが出来ない事について、フィルスペンサー氏が訴えるとしていて、その辺はどのような反応を見せているのかというものですね。


Fallout 76は、2018年にリリースされたものの評判は芳しくなく、1~2年後にベセスダ・ゲーム・スタジオが大量のアップデートを行ったことで本領を発揮したという、ある意味波乱万丈な物語だ。コミュニティ内の熱心なフォールアウトファンの多くがその存在を認めようとしないとしても、今では珠玉のゲームとなっている。

しかし、マルチプラットフォームのマルチプレイヤー・タイトルであり、見どころややることがたくさんあるにもかかわらず、クロスプレイという重要な機能が1つ欠けている。何年もの間、ファンはベセスダ・ゲームスタジオに対し、クロスプログレッション、クロスセーブ、クロスプラットフォームの仕組み・・・クロスなんでも実装してほしいと叫び続けてきた。

Xboxの責任者であるフィルスペンサー氏は、『Fallout』ファンがゲームにこれらの仕組みがないことへの苛立ちを訴えた最新の人物だ。

Polygonとのインタビューで、フィルスペンサー氏は携帯ゲーム機について語り、その中で、すべてのゲームをセーブも含めて1つの場所に置くというコンセプトについて話していた。そして、『Fallout 76』にはクロスセーブ機能がないため、『イライラする』と説明した

私のゲームはすべてそこにあるのか?私のゲームはすべてそこにあるのか?私のゲームはすべて、私が望むセーブファイルと一緒に表示されるのか?今現在、そうでないゲームのひとつを教えてあげよう--それが私をイライラさせている・・・『Fallout 76』だ。クロスセーブができない。

つまり、XboxシリーズXで『Fallout 76』をプレイしているときにPCを立ち上げると、あるいはこの場合は携帯機を立ち上げると、クロスオーバー機能がないため、別のセーブファイルにロードすることになる。

ベセスダ・ゲーム・スタジオが当分の間提供する唯一の『Fallout』体験であるはずのゲームとしては、驚くべき見落としのように思える。広大なポストアポカリプス世界を舞台にした手加減なしのマルチプレイヤーアドベンチャーだが、プレイヤーは選んだプラットフォームに縛られ、別のプラットフォームを使っている場合はフレンドと一緒に荒れ地を探索することができない。

実装は簡単か?おそらく無理だろう。Fallout 76のコミュニティを融合させ、デジタルの境界をなくすのに役立つものだろうか?間違いない。


関連リンク



実装が簡単ではないとしていて、その辺は可能性が本当にないのかという話になってきそうですね。フィルスペンサー氏もその現状を訴えていますが、果たして実装なるかですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク