ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

CD Projekt Redの2大ヒットRPGであるThe Witcher 3とCyberpunk 2077は、どのようにしてそのアイディアをゲームに採用しているのか一端が明らかに



CD Projekt Redの2大ヒットRPGであるThe Witcher 3とCyberpunk 2077は、どのようにしてそのアイディアをゲームに採用しているのか一端が明らかにとしていて、どのようなアプローチを取っているかを紹介していますね。


CD Projekt Redの2大ヒットRPGであるThe Witcher 3とCyberpunk 2077は、どちらも大きなメインクエストと魅力的なキャラクターで知られているが、何よりも、他のストーリーの合間にある小さな冒険を話題にする人が後を絶たない。Cyberpunk 2077のリード・クエスト・デザイナーであるPawel Sasko氏は、先週のGDCでのPC Gamerとのインタビューで、その理由の大半は、たくさんのアイデアを考え、その中からベストなものだけを使うからだと語った。

『優秀なデザイナーは、自分のアイデアの受容率が5~10%である 』とSasko氏は語り、『もし10%の人がいれば、その人はおそらくチームにいる優秀な人の一人である 』と語った。

Sasko 氏は、CD Projekt にとって、悪いアイデアを除外する鍵は、クエストデザイナーがチームに全てのアイデアを売り込む事で、それによって最高のアイデアが際立つのだと強調しました。

私がデザイナーとすることは、『よし、これがジャンルのリストだ。これがあなたに取り組んでほしいテーマのリストです。最高のアイディアを書いてくれ。そして、彼らは1日に5本、10本、20本と書いてくる。基本的に、優れたアイディアは4つのテキストからなる』 とSasko 氏は語った。

Sasko 氏は、どんなに優秀な人でも悪いアイデアは山ほどあり、その中から最良のものだけを選んで追求しなければならないというのが彼の意見だと明言した。

『誰も、どんなアーティストも、素晴らしいアイデアしか持っていないわけではない。私たちは皆、ひどいアイデアを大量に持っている。』

Sasko 氏はまた、サイドクエストのアイデアの大半は予算を割かずに実行できることも明言しておきたい。


関連リンク



たくさんのアイディアの中からほんの一握りしか採用しないとしていて、それが成功する理由だという論調になっていますね。スーパーマリオワンダーでも同じようなスタンスで採用していたようですしね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク