ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『Road to Vostok』はSteamで最も人気のあるゲームのひとつで、本格的なメカニック、現実世界のロケーションに基づいたマップ、そして最も才能あるゲーマーにも挑戦的なハードコア・パーマデスモードが自慢の強烈なサバイバル体験をプレイヤーに提供



『Road to Vostok』はSteamで最も人気のあるゲームのひとつで、本格的なメカニック、現実世界のロケーションに基づいたマップ、そして最も才能あるゲーマーにも挑戦的なハードコア・パーマデスモードが自慢の強烈なサバイバル体験をプレイヤーに提供


『Road to Vostok』はSteamで最も人気のあるゲームのひとつで、本格的なメカニック、現実世界のロケーションに基づいたマップ、そして最も才能あるゲーマーにも挑戦的なハードコア・パーマデスモードが自慢の強烈なサバイバル体験をプレイヤーに提供している。2022年に公開されたこのゲームの最後のデモは、40万人以上のプレイヤーを動員した。最近、このゲームの単独開発者に話を聞いたおかげで、次のデモは最初のデモのおよそ5倍の規模になることがわかった。

このデモは1、2週間後に公開される予定で、丹念な作業の成果だ。『Road to Vostok』の熱心なクリエイターであるアンティ氏に話を聞いたところ、今度のデモは615時間に及ぶ努力の賜物で、ゲーム全体をUnityからGodotエンジンに移植したのだという。

以下は、アンティ氏とのインタビューから判明した、近日公開予定のデモの内容です。

Road to Vostokのデモでは、『ハイリスク・ハイリターンのパーマデスゾーンであるVostokを目指す危険な旅に出る前に、略奪、準備、計画を立てる』というゲームプレイの中核となるループが公開される予定だ。

今回の取材で、Antti氏はまったく新しいデモの内容について、次のように語ってくれた。

4つのデモマップ
1つの分岐点
トレーダー1人
15種類のアニメーション武器
100種類のアイテム
シェルターシステム
取引システム
武器の改造

Road to Vostokのアーリーアクセス製品を提供するという確かな目標がありアンティ氏iは透明に語り、このゲームの最初の商用バージョンは『ゆっくりと、しかし確実に近づいている』と強調している。今度のリリースに続いて、もう1回デモが行われる予定だが、その後は、PCでの早期アクセス版リリースに向けて、すべてのシステムが動き出すことになる。

これはアンティ氏が語ったことだ。

というのも、コアとなるメカニズムをひとつひとつ構築し、個々の機能に集中していたからです。このデモの後、ゲームデザイン、レベルデザイン、雰囲気など、他の重要なトピックに『目を向ける』ことができるようになったんだ。

『Road to Vostok』の最初のデモをプレイし、ゲームの出来栄えに感銘を受けた。シェルター、取引、略奪など、このゲームの重要なメカニクスを発展させる『DEMO2』が、製品版を手にする興奮をさらに高めてくれることを期待している。Road to Vostokのウェブサイトによると、このゲームには最終的にダイナミックなイベント、本格的な天候システム、高度な武器改造、乗り物、そしてかなり高い難易度を提供する独立した『ウィンターモード』が追加される予定だ。

Road to Vostokの次のデモは2週間以内に行われる予定だ。


関連リンク



出来は素晴らしいとしていて、期待感ある言葉になっていますね。F2Pのようなので、つかみが肝心で、それは十分な可能性を感じさせる出来のようで、PCゲーマーは楽しみにしたい所ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク