ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ハリウッド映画版『ゼルダの伝説』は監督を務める人が、現実を背けて、映画に没頭できる作品を作るのが目標だと述べる



ハリウッド映画版『ゼルダの伝説』は監督を務める人が、現実を背けて、映画に没頭できる作品を作るのが目標だと述べるとしていて、どの程度まで構想が決まっているのか全く不透明な中で、俳優のキャスティングも進んでいるのかどうか?


トータル・フィルム社は、映画『ゼルダの伝説』のウェス・ボール監督にインタビューする機会を得た。彼はこのフランチャイズに携わる機会を与えられたことに感激しているようで、自分の使命は『人々の最大の欲望を満たすこと』であり、この映画を見る人々に 『エスケープ』の機会を与えたいと語っている。以下はボール氏の発言である。

『すごいアイデアがあるんだ。ゼルダの映画がどんなにクールなものになるか、長い間ずっと考えてきたんだ・・・人々の最大の欲望を満たしたい。ゼルダのフランチャイズが人々にとって重要なものであることは分かっている。人々に逃避できるような本物の映画にしたいんだ』。

ボール氏は、映画『ゼルダの伝説』の原動力として、その現実逃避(『あの世界に住みたいんだ。』)

『それこそが、私が作りたいものなんだ。シリアスでクールだけど、楽しくて気まぐれなものをね。』


関連リンク



映画に没頭出来る世界観を作り出したいという意味合いになっていて、それだけのめり込める映画を本当に実現出来るのかという大きなミッションがあって、それをクリアできるかどうかですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク