ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

4月にwiiU3DSのオンラインサーバーがシャットダウンする前に『スーパーマリオメーカー』の全てのレベルを踏破する『チーム0%』が全てのレベルを達成へ!



4月にwiiU3DSのオンラインサーバーがシャットダウンする前に『スーパーマリオメーカー』の全てのレベルを踏破する『チーム0%』が全てのレベルを達成へ!としていて、残されたのはTASで作られた違法アップロードのみになったようですね。


4月に3DSとWii Uのオンラインサービスが終了することが発表されて以来、『スーパーマリオメーカー』の熱心なファンたちが、未踏破のレベルをすべてクリアするというミッションに挑んでいる。簡単なことのように聞こえるが、スーパーマリオメーカーのレベルは通常、途方もなく難しく、クリアできるプレイヤーはほんの一握りだからだ。

この課題をクリアするために、チーム0%と呼ばれるプレイヤー・グループが結成され、来月サーバーがシャットダウンされるまでに、すべての未勝利レベルを打ち破ろうとした。着実なペースで進んでいたチームは、やがてスーパーマリオメーカーを完成させるための最後の難関、『Trimming the Herbs』に直面した。何千回、何万回とこのレベルに挑戦し、不正行為を疑う人もいた。

その疑惑は正しかったことが判明した。『Trimming the Herbs』のクリエイターが表に出てきて、このレベルがTASであることを認めたからだ。クリエイターのAhoyoは、2017年にこのレベルを作成したとき、プレイヤーたちがほぼ即座にTASであることを発見することを期待していたが、チーム0% が自らに課した挑戦まで放置され、忘れ去られてしまったと認めた。

Trimming the HerbsがTASで作られ、人間が倒すのは不可能である可能性が高いことを知ったチーム0% は、このレベルを違法アップロードとみなし、倒すべきレベルのリストに含めないことにした。というわけで、スーパーマリオメーカーの最終レベルは、TwitterユーザーのYamada_SMM2さんが1週間前にアップロードした『The Last Dance』によって、実際に倒されたことになる。

しかし、『Trimming the Herbs』があるプレイヤーグループによって不可能と判断されたからといって、全員が戦いを諦めたわけではない。チーム0% のお祝いのツイートには、サーバーがダウンする前にTrimming the Herbsをプレイして、スーパーマリオメーカーの歴史に名を刻もうとする人たちがまだいることが書かれている。誰かがやり遂げることを祈ろう。


関連リンク





チーム0%の挑戦を前回記事にしたときはまだ道半ばでしたが、ついに完全制覇へということで、やり残したことは違法アップロードされたレベルのみという事で、任天堂が削除しなかった訳が何なのかですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク