ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Summerfall Studiosの共同設立者David Gaider氏は、PC Gamerのインタビューで、『何かをあきらめなければならない』とラリアンスタジオCEOの考えに同調へ



Summerfall Studiosの共同設立者David Gaider氏は、PC Gamerのインタビューで、『何かをあきらめなければならない』とラリアンスタジオCEOの考えに同調へとしていて、破滅的な未来しか待っていないのではないとして、回避する方法を唱えていますね。


プロフェッショナルな雰囲気の裏で、今年のゲーム開発者会議には反抗的なトーンがあった。GDCAアワードでは、Larian StudiosのボスであるSwen Vincke氏が『長い間、この全体を台無しにしてきた』企業の強欲さを訴え、他の開発者たちも業界の現状についてカタルシスを求めて集まった。Summerfall Studiosの共同設立者であり、元Dragon AgeのリードライターであるDavid Gaider氏も、PC Gamerのインタビューで、『何かをあきらめなければならない』と同様の考えを示している。

『ゲーム業界とゲーム開発者が今向かっている道、つまり彼らが持っている存在のタイプは、そうである必要はない』とGaider氏は語った。『別の道がある。私はただ、彼らが最終的に労働組合に加入し、公平に扱われるのを見たいだけなのです。』

『もしみんなを残業させ、2億ドルの予算をかけて、フォトリアリスティックなグラフィックとプレイ時間1,000時間にフォーカスしたAAAゲームを作らないのであれば、それをすべて詰め込んで、みんなを死ぬほど働かせてゲームを作る必要がある。』

『それが本当なら、この業界は滅びて当然なのかもしれない。それが本当なら。ただ、私はそれが真実だとは思わない。』

過去数年、大手スタジオの人員削減に関する話題は、業界の現状に対する不満の中心的なものであり、その後、一部のスタジオの開発者が労働組合の結成に尽力した。さて、今年に入ってからの特徴は、容赦ないレイオフである。Gaider氏は、今週PC Gamerにゲーム業界の現状について語った複数のインディースタジオの責任者の一人である。Dwarf Fortressの共同制作者であるTarn Adams氏は、レイオフの背後にいる重役を 『貪欲で強欲な人々 』と非難した。

『Summerfallでは今、週に4日働いている』とGaider氏は私に話し、現状を変えることへの希望を説明した。『現実的なスケジュールを立てればいいんだ。上に報告する人や自分のチームに嘘をつかないようにね。そしてその結果、従業員は自分の仕事を愛し、自分がただ利用されるだけの資源だとは感じなくなる。』

この戦略は、Summerfall Studiosの最初のプロジェクトである、RPGをミュージカル風にアレンジした『Stray Gods』ではうまくいったようだ。『Baldur's Gate 3」のリリースに少し押されたものの、その運命を避けるために発売日をずらしたにもかかわらず、キャラクター主導のRPGに対するよりビジュアル・ノベル的なアプローチは、『Stray Gods』のレビューで我々が『よく知られたギリシャ神話の神々に新たな光を当てた、純粋にスリリングで、時に悲痛な物語』と呼んだものだ。Summerfall Studiosは次の作品を発表していない。


関連リンク



ラリアンスタジオの話に同調する見解をしていて、残業に終われ、2億ドルの超大作を作る未来しかないなら滅びるだろうとしており、ゲーム制作の環境の健全さを唱えていますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク