ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『Horizon Forbidden West』のPC移植版ではレイトレーシングのサポートが一時検討されたが、ゲームの規模を含むいくつかの理由で見送りに



『Horizon Forbidden West』のPC移植版ではレイトレーシングのサポートが一時検討されたが、ゲームの規模を含むいくつかの理由で見送られたとしていて、その内容を伝えているものになっており、どのような決断をしたのかというものですね。



『Horizon Forbidden West』のPC移植版ではレイトレーシングのサポートが一時検討されたが、ゲームの規模を含むいくつかの理由で見送られた。

NixxesのMichiel Roza氏とGuerilla GamesのJeroen Krebbers氏はDigital Foundryの新しいインタビューに応じ、レイトレーシング対応について、検討はされたが、ゲームの規模、何時間にも及ぶシネマティックス、そしてNixxesが台無しにしたくなかったゲームの既に素晴らしいビジュアルと強力な演出のために最終的に見送られたとコメントした。

『Horizon Forbidden West』でレイトレーシングが実装されなかったもうひとつの理由は、コンテンツの多くがアルファテスト済みの樹木であり、影であってもレイトレースするのが難しいという事実だ。PlayStation 5とPlayStation 5の間のスケーラビリティは、チームがそれらの間で動作するものに集中しなければならなかったことを意味し、レイトレーシングはその中に忘却の彼方にはなかった。しかし、ゲリラはこの技術をとても気に入っているので、レイトレーシングは今後のタイトルに何らかの形で実装されるかもしれない。

『Horizon Forbidden West』は現在、全世界でPC、PlayStation 5、PlayStation 4で発売中だ。

関連リンク


レイトレーシングなしでもビジュアルが完成しているという意味合いのようですね。しかし、ゲリラゲームズは将来的には対応する事を視野に入れているのかもしれないみたいですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク