ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ゲーム『ELDEN RING』の大ヒットで業績好調だったバンダイナムコホールディングスに、暗雲が立ち込める、利益激減したその背景とは?



ゲーム『ELDEN RING』の大ヒットで業績好調だったバンダイナムコホールディングスに、暗雲が立ち込める、利益激減したその背景とは?としていて、どのような事が指摘されているのかという話になっているようですね。


ゲーム『ELDEN RING』の大ヒットで業績好調だったバンダイナムコホールディングスに、暗雲が立ち込めています。2024年4-12月の営業利益は、前年同期間の3割減となる782億円でした。

業績の下押し要因となっているのが、主力の一つであるゲーム事業。ファンを多く抱える『アイドルマスター』の新作と、期待の高かった『ブループロトコル』の不調です。

5タイトルの開発から手を引くなど、ゲーム事業の見直しを迫られました。

売上高1兆円を達成できるかどうかの瀬戸際に

バンナムは2月14日に通期業績の下方修正を発表しています。1,250億円としていた営業利益を、予想比34.4%減の820億円としました。

バンダイナムコは保守的に業績予想を出す会社。2022年3月期、2023年3月期の売上高は、期首に出した予想よりも1~2割高い数字で着地をしています。金額にすると、予想よりも1,000億程度が上乗せされているのです。

2月14日の下方修正時は売上高の修正は行っておらず、1兆円を見込んでいます。

2024年4-12月の売上高の予想に対する進捗率は77.2%。2023年4-12月の進捗率は84.4%でした。10%近く後退しています。2023年4-12月の実績値に対する進捗率は75.1%で、バンナムの今期の数字と似ています。

すなわち、今期の売上高は1兆円届くかどうかギリギリのラインにいるということであり、これまでの業績予想とその進捗を考慮すると、1,000億円前後の売上高が見込めなくなったと言えるでしょう。

バンナムのゲーム事業は、売上高全体の4割を占めています。2024年3月期の売上高は、前期比6.6%減の3,600億円、営業利益は同98.0%減の10億円を見込んでいます。

『ブループロトコル』『アイドルマスター シャイニーカラーズ Song for Prism』(シャニソン)という強力なタイトルをリリースしているにも関わらず、業績が冴えません。


関連リンク



バンダイナムコも売り上げ的にはよかったものの、利益率がどうかという話になっているようですね。98%減、5本の新作タイトルをキャンセルにというのも記憶に新しいですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク