ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

レビュー集計サイトMetacriticが、第14回ゲームパブリッシャーランキングの結果を発表、栄えある1位はカプコンに



レビュー集計サイトMetacriticが、第14回ゲームパブリッシャーランキングの結果を発表、栄えある1位はカプコンにとしていて、天下の任天堂やソニー、スクエニなどがランキングしているのかどうかという話ですね。



レビュー集計サイトMetacriticが、第14回ゲームパブリッシャーランキングの結果を発表した。

カプコンは、2023年にリリースされたパブリッシャーの作品のクオリティに基づいて決定されたランキングでトップに輝いた。

カプコンは昨年、『バイオハザード4』リメイク、『ストリートファイター6』、『ゴースト トリックファントムディテクティブ』など、高い評価を得たゲームを数多く発売した。

カプコンは、ロー・フューリー、コーラス・ワールドワイドを抑えてランキングのトップに立った。

昨年の覇者であるソニーは13位にランクインし、2021年のトップであるマイクロソフトを2ランク上回った。同じプラットフォームを持つ任天堂は6位だった。

パブリッシャーのランキングはポイント制で行われ、(例年通り)4つの要素によって算出された。

最も重視されたのはメタスコアの平均値だが、それ以外にも、良い評価(75点以上)を獲得したタイトルの割合、悪い評価(49点以下)を獲得した製品の割合、『素晴らしい』ゲームをリリースした数(90点以上)も考慮された。

ランキングの対象となったのは、2023年に5本以上の明確なタイトルをリリースしたパブリッシャーのみで、モバイルゲームは考慮されていない。

上位10社の平均メタスコアと前年のランキングは以下の通り。

1) Capcom – 84.5 (last year: 6th)
2) Raw Fury – 79.1 (last year: 16th)
3) Chorus Worldwide – 77.6 (last year: n/a)
4) Dangen Entertainment – 77.6 (last year: n/a)
5) Annapurna Interactive – 80.2 (last year: 8th)
6) Nintendo – 79.5 (last year: 12th)
7) Aksys Games – 78.5 (last year: 13th)
8) Bethesda Softworks – 80 (last year: n/a)
9) Sega – 78.8 (last year: 7th)
10) Thunderful – 79.1 (last year: 25th)


関連リンク



日本のメーカーがトップということで、10社中3社が日本ですね。バンダイナムコやスクウェアエニックス、KOEIテクモ、フロムソフトもランク外になってしまっていますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク