ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

State of Unreal GDC 2024の基調講演で、Epicはいくつかの新機能が追加される予定のUnreal Engine 5.4を発表、大幅なパフォーマンスアップを実現へ



State of Unreal GDC 2024の基調講演で、Epicはいくつかの新機能が追加される予定のUnreal Engine 5.4を発表、大幅なパフォーマンスアップを実現へとしていて、その概要とは?というものであって、期待が出来そうな話ですね。


State of Unreal GDC 2024の基調講演で、Epicはいくつかの新機能が追加される予定のUnreal Engine 5.4を発表しました。

パートナーである Skydance Media は、943: Rise of Hydra  の公開に続いて、そのうちのいくつかを紹介しましたまず最初に、Naniteで利用可能なAdaptive Tessellation機能が追加されます。その主な目的は、Naniteが知られている驚異的なレベルのディテールを維持しながら、巨大なレベル全体で必要なメモリを削減することです。また、Nanite Tessellationは、アニメーションとリアルタイム・ストリーミングによるスパース・ボリューム・テクスチャをサポートし、メモリ・フットプリントを最小限に抑えます。

この機能では、ボリュームがハードサーフェスに影を落としたり、フォグやパーティクルなどの他の半透明エフェクトと合成することで、映画のようなクオリティとセルフシャドウを持つボリューメトリックアセットをレンダリングできます。さらに、ローカルフォグボリュームとナイアガラ軽量エミッターは、さらなるレンダリングオプションを提供します。

UE5の新バージョンでは、モーション マッチングが利用できるようになったため、アニメーションも飛躍的に進化しています。Unreal Engineのメーカーによると、これはキャラクターをアニメーション化するシンプルで効率的な方法で、チャプター5のロンチ以来、Fortniteで使用されているとのことです。Epicはまた、基調講演のデモで使用されたロコモーションとトラバーサルのデータセットを使用し、ハイエンドのモーションキャプチャデータから作成された500以上のAAAアニメーションを含むサンプル学習プロジェクトを無料で公開する予定です。5.2で初めて導入されたプロシージャルコンテンツジェネレーション(PCG)フレームワークも改良された。

しかし、アンリアル エンジン 5.4 の最もエキサイティングな部分は、間違いなく、全体的なパフォーマンスのアップグレードです。EpicのUEエンジニアリング担当バイスプレジデントであるSimon Tourangeau氏は、壇上で次のように述べました。

パフォーマンスを大幅に改善しました。ルーメン、シャドウ、レイトレーシングが高速化されました。NaniteにはVRS(Variable Rate Shading)を追加しました。インスタンスカリングを大幅に改善し、レンダラーの並列性を大幅に向上させました。

Tourangeau氏によると、当初バージョン5.0に同梱されていたCity Sampleは、Unreal Engine 5.4でコンソール テストを行ったところ、大幅に高速化されたとのことです。具体的には、レンダリング スレッドにかかる時間が半減し、GPU にかかる時間は 25% 短縮されました。

これは、ゲームにとって有意義なパフォーマンス向上につながるはずです。しかし、UE 5.1、5.2、あるいは5.3でリリースされたゲームのほとんどは、アップグレードする価値がないと判断するかもしれないことを覚えておいてください。現在5.2または5.3で作業している開発者の中にも、問題を避けるために、ゲームの発売前にアップグレードしない人もいるかもしれません。とはいえ、PC やコンソールで発売されるトリプル AA やダブル AA のゲームの大半を占める Unreal Engine のゲームの将来にとっては、明るい展望と言えるでしょう。


関連リンク





アンリアルエンジンも着実に進化していて、最新バージョンでは25%ものパフォーマンスアップになったとして、これは大きいですね。描写性能もアップしているようで、ポテンシャルが発揮されそうですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク