ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Pieces Interactiveの『Alone in the Dark』が間もなく発売になり、PCの最低環境と推奨環境が明らかに



Pieces Interactiveの『Alone in the Dark』が間もなく発売になり、PCの最低環境と推奨環境が明らかにとしていて、最高は4k60フレームで動きますが、どの程度を求められるのかというのは注目されそうですね。


Pieces Interactiveの『Alone in the Dark』は、伝説的なサバイバルホラーのフランチャイズを再構築したもので、間もなく発売される。プレイヤーはエドワード・カーンビーとエミリー・ハートウッドを操作し、1920年代のルイジアナにあるダーセト邸を探索することになる。発売前にPCの要件が明らかにされ、すべての構成でソリッドステートドライブ、Windows 10/11 64ビット、50GBのインストール容量が必要となる。

1080p/30FPSのLowプリセットでは、PCプレイヤーはIntel Core i3-8300またはAMD Ryzen 3 3100、8GBのRAM、Nvidia GeForce GTX 1050 TiまたはRadeon RX 570が必要となる。1080p/60FPSのHighプリセットには、Core i5-12400またはRyzen 7 3700X、16GBのRAM、RTX 2060またはRadeon RX 5700 XTが必要です。

1440p/60 FPSおよびEpicの場合は、Core i7-12700FまたはRyzen 7 5700X、32 GBのRAM、RTX 3070またはRadeon RX 6700 XTが必要です。最後に、Epic設定で4K/60FPSでプレイするには、Core i5-13600KFまたはRyzen 5 7600、32GBのRAM、RTX 4070 TiまたはRadeon RX 7900 XTが必要です。

アローン・イン・ザ・ダークはXboxシリーズX/S、PS5、PC向けに3月20日に発売される。ストーリーを理解するためには、各キャラクターで最低2回はプレイする必要がある。


関連リンク





さすがに4k60フレームは要件が高いですね。CPUはそうでもないですが32GBに4070と最近のPCでないと対応できないものであって、4060では足りないというのはこの差は大きいですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク