ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

アクティビジョン・ブリザードのベテラン、Chris Paulson氏がスカイバウンド・ゲームズにエグゼクティブ・バイス・プレジデントとして入社へ



アクティビジョン・ブリザードのベテラン、Chris Paulson氏がスカイバウンド・ゲームズにエグゼクティブ・バイス・プレジデントとして入社へとしていて、どのような経緯で参加をしたのかというものになりそうで、その抱負を語っているようですね。


Varietyが最初に報じたように、アクティビジョン・ブリザードのベテラン、Chris Paulson氏がスカイバウンド・ゲームズにエグゼクティブ・バイス・プレジデントとして入社する。

Chris Paulson氏はゼネラルマネージャーとしてゲームパブリッシングを統括し、『商業戦略と市場開拓の取り組みを指揮』する。

またSkyboundは本日、新たな『秘密プロジェクト』を発表した。Paulson氏はこのプロジェクトの立ち上げを指揮する予定で、このプロジェクトは『昨年からステルスモードで開発されていた』ことが判明している。

パブリッシャーはこのプロジェクトについて、それ以上の詳細を確認しなかった。しかし、これだけ長い間開発が進められているのだから、近々さらなる発表があるかもしれない。

スカイバウンド・ゲームズは、デヴィッド・アルパートと『ウォーキング・デッド』のクリエイター、ロバート・カークマンによって設立されたスカイバウンド・エンターテインメントの一部門である。

ファンにとっては、スカイバウンド・ゲームズが『イInvincible Presents: Atom Eve』のパブリッシャーであることがわかるだろう。スカイバウンドは最近、『Invincible Universe: Doc Seismic Attacks』をリリースした。

Chris Paulson氏は以前、『ディアブロ』シリーズのプロダクトマネジメントを担当していた。Diablo IVは賛否両論の評価を受けたが、来週にはRTXアップグレードが行われる。

Chris Paulson氏はチーム加入後、公式声明を発表した。

『魅力的なストーリーテリングと世界観の創造を通じてファンダムを創造してきた、このような豊かな歴史を持つ会社に加わることができて、身の引き締まる思いで興奮しています。』

それ以前、Chris Paulson氏はアクティビジョン・ブリザードでボビー・コティックCEOのチーフスタッフとして働いていた。マイクロソフトは2023年12月にコティックの退社を発表した。

ファンは、同社でのコティックの仕事ぶりをたびたび批判していた。先週、コティック氏は『OpenAIのCEOであるSam Altman氏を含む面々』とともに、TikTokの買収に関心があることを発表した。

Chris Paulson氏の実績は、スカイバウンド・ゲームズの副社長としての力強い走りを示している。

他のアクティビジョンのベテランは最近、全く新しいスタジオEmptyvesselを設立した。エマニュエル・パラリックがCEOを務めるAAAスタジオで、『没入型シューティングゲーム分野を得意とする』。


関連リンク


海外のクリエイターは大手に勤めていて、ある程度の年齢になったら独立して自由な仕事をする機会を伺っている人が多いですね。海外では使えないと判断されると容赦なくクビになるので、その前に独立ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク