ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PlayStation Spectral超解像アップスケーラーの主な内部目標は、4K、120フレーム/秒、8K、60フレーム/秒のゲームプレイを実現することだが、ハードウェアの制限によりPlayStation 5 Proでは実現されないと報告へ



PlayStation Spectral超解像アップスケーラーの主な内部目標は、4K、120フレーム/秒、8K、60フレーム/秒のゲームプレイを実現することだが、ハードウェアの制限によりPlayStation 5 Proでは実現されないと報告へ



PlayStation Spectral超解像アップスケーラーの主な内部目標は、4K、120フレーム/秒、8K、60フレーム/秒のゲームプレイを実現することだが、ハードウェアの制限によりPlayStation 5 Proでは実現されない。

Insider Gamingの新しいレポートでは、PlayStation 5 Proでデビューするソニーのまだ公開されていないアップスケーラーに関するいくつかの追加情報が明らかになった。それによると、PS5 ProのPSSRは現在4K解像度をサポートしており、4K、60 FPSと8K、30 FPSを目指しているが、将来の目標は4K、120 FPSと8K、60 FPSを達成することであり、これはハードウェアの制限のため、今後のハードウェアリフレッシュでは不可能である。

本日のPlayStation Spectral超解像アップスケーラーに関するレポートでは、2つの無名のファーストパーティゲームのケーススタディについても言及されている。1つ目のケースでは、このアップスケーラーにより、1080p/60 FPSおよび1800p/30 FPSをターゲットとする標準的なパフォーマンスおよびフィデリティ表示モードを特徴とするベースコンソール版では実現できない、毎秒60フレームの1440p解像度のゲームプレイが可能になる。2つ目のケースでは、アップスケーラーにより、レイトレーシングを有効にして60FPSのゲームプレイが可能だが、どの解像度かは明記されていない。

PlayStation 5 Proのアップスケーラー『PlayStation Spectral Super Resolution』は、PlayStation 5 Proがベースモデルにもたらす数多くの改良点のひとつに過ぎない。


関連リンク



この話は現実離れしているなと思っていたら案の定でしたね。2つのケースを見てもまだまだポテンシャルを生かせていなくても4k120フレームには程遠く、PS5との差がどの程度なのかですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク