ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

最高のファーストパーティーを選ぶという企画をSIEが実施している中、その中からブラッドボーンが除外されている事が明らかに



最高のファーストパーティーを選ぶという企画をSIEが実施している中、その中からブラッドボーンが除外されている事が明らかにとしていて、ファンは納得がいかないとしていて、その辺はどのような意図があったのかという話になりますね。


『Bloodborne(ブラッドボーン)』ファンはどうしても納得がいかないようで、ソニーは、最も 『最高の』のプレイステーション独占タイトルだと思うものを投票してもらうツイッター投票から『Bloodborne(ブラッドボーン)』を外した。

最高のファーストパーティゲームといえば、何が思い浮かぶだろうか?『ラスト・オブ・アス』や『ゴッド・オブ・ウォー』から『スパイダーマン』や『グランツーリスモ』まで、確かにたくさんのゲームがあるが、どうやらソニーは独占ゲームの上位に入るとは考えていないようだ。

Dot Esportsが報じたように、ソニーのソーシャルメディアアカウントはここ数日、どのファーストパーティーのプレイステーション専用ゲームが『頂点に君臨するか』をファンに選んでもらうブラケットを実施している。選択肢には、『ゴッド・オブ・ウォー』や『ラグナロク』、『The Last of Us Part 1 and 2』、『Ghost of Tsushima』、『Horizon: Forbidden West』などなど。

これらのゲームすべてがPlayStationのベスト独占タイトルにふさわしいが、1つだけ完全に漏れているゲームがある。そのゲームとはもちろん『Bloodborne』であり、発売以来ソニーがリマスターやPC版発売の要望を基本的に無視してきたことを考えれば、ファンが驚くようなことではないだろう。

『Bloodborne』は、プレイステーション独占ソフトの中でも最高傑作のひとつであり、フロム・ソフトウェアの歴代ベストタイトルのひとつとさえ広く評価されていることを考えると、ここで言及されていないのは非常に奇妙であり、ファンはすぐに注目した。この投稿の下にあるコメントのほとんどは、Bloodborneが言及されず、またしてもソニーからお払い箱にされたことがいかに奇妙かを指摘している。

ブラッドボーンがリストから外されているのはプレイステーション独占タイトルだけではないが(インファーマスがないなんて)、特にその遺産と批評家の評判を考慮すると、最も注目すべき作品だ。非常に奇妙な除外のように思えるかもしれないが、リストに入っているゲームのほとんどがPS5でプレイ可能なファーストパーティタイトルであることを考えれば、納得がいく。

このリストで最大の除外となったのは『Astro's Playroom』だが、これはPS5独占のベストタイトルであることに変わりはない。私はルールを作らない。

『Bloodborne』がPS4で止まっており、リマスターされる気配がないことを考えると、ここに入れる意味はあまりないだろう。結局のところ、この投稿はPS5で最も人気のあるゲームのいくつかを紹介する、ちょっとしたマーケティングに過ぎないのだから、どんなに悲しくても、再び無視されるのは驚きではない。


関連リンク



ブラッドボーンはPS4なので、除外された理由がそこにありそうだとしていますね。リメイクもリマスターもする予定が無い事を示唆しているようで、その点では残念と言えそうですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク