ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

発売1週間前にドラゴンズドグマ2のゲームプレイを4時間以上ストリーミング配信していたTwitchストリーマーが、ちゃんと店で買ったものを配信したので違法性はないとアピールへ



発売1週間前にドラゴンズドグマ2のゲームプレイを4時間以上ストリーミング配信していたTwitchストリーマーが、ちゃんと店で買ったものを配信したので違法性はないとアピールへとしていて、普通に考えて、常識的な判断が出来ない人のようですね。


発売1週間前にドラゴンズドグマ2のゲームプレイを4時間以上ストリーミング配信していたTwitchストリーマーが、ウォルマートで待望のRPGを購入し、領収書もあり、違法なことはしていないと語った。

この記事を書いているとき、TwitchストリーマーのJustIchorは、発売日がまだ1週間先にもかかわらず、ドラゴンズドグマ2のストリーミングを続けていた。ストリーミングの途中で、カメラが映らないところからのコメントによって中断され、画面がフリーズして真っ白なページに変わる直前まで、である。『このチャンネルのコンテンツは、著作権者の要請により削除されました。』おやおや。

言うまでもないが、カプコンは公式トレーラーやショーケースのどれよりも大きな新作の情報を暴露されたことを快く思っていないはずだ。正直なところ、ストリームが削除されるまでこれほど時間がかかったことに私は驚いている。

一時は1,000人近い視聴者を楽しませたストリーマーは、カプコンの弁護士が今この瞬間にも頭を抱えている可能性について、何度も対応を求められたが、心配はしていないという。『私は合法的にコピーを買ったし、そのレシートもある。私がプレイしている方法に違法性はまったくありません』と言い、おそらくゲームからネットワークへの直接の特定可能な接続を避けるため、VPNを通してもプレイしていると付け加えた。明らかに、それでもカプコンからの著作権侵害は止められなかったようだ。

カプコン待望の続編を発売に先駆けてプレイするチャンスは、Walmartからではなく、もう少し正式な方法とはいえ、我々にもあった。その体験については、ドラゴンズドグマ2のハンズオン・プレビューをお読みいただきたい。


関連リンク



全て合法だとアピールしていますが、フラゲを正当化している時点でずれでいますね。その辺はモラルと胸式の欠如が見て取れるものであって、カプコンも対応が遅れたみたいですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク