ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチ後継機、先日の噂に補足、8コアのArm A78C CPUとGeForce RTX 30シリーズAmpereアーキテクチャに基づく統合GeForce GPUを搭載か?



ニンテンドースイッチ後継機、先日の噂に補足、8コアのArm A78C CPUとGeForce RTX 30シリーズAmpereアーキテクチャに基づく統合GeForce GPUを搭載か?と示唆していて、共同開発をしているという話が浮上しているようですね。


ニンテンドースイッチはいまだにゲーム機として素晴らしい性能を維持しているが、ニンテンドースイッチ2の可能性において、そのスペックの一部が改善されることに反対はしない。

このゲーム機で非常によく動くゲームもあれば、グラフィックに不満が残るゲームもあるが、任天堂のフラッグシップゲーム機が間もなく大幅に刷新されるかもしれない。

ニンテンドースイッチの後継機、通称ニンテンドースイッチ2が2024年か2025年に発売されると噂されて久しいが、後者の可能性が高い。

となると、このゲーム機が今年中に行われる大規模なニンテンドーダイレクトで発表されるのは道理だ。

この発表が近づくにつれ、ゲーム機の性能にまつわる噂が高まっており、最新のスペック予告では、パワーが大幅にアップすることが示唆されている。

TweakTownが報じたように、YouTuberでリーカーでもあるMoore's Law is Deadは最近のビデオで、Nintendo Switch 2はNVIDIAのAIを搭載したDLSSレンダリングを採用し、画質を向上させると主張している。

DLSSとは、アップスケーリング技術の一種だ。

Moore's Law is Deadは、任天堂がNVIDIAのAda Lovelace『アーキテクチャ』の利用を見送り、よりコスト効率の良いAmpereチップを採用したと伝えている。

YouTuberは、任天堂がカスタムチップを使用し、Lovelaceの効率性の一部を利用している可能性があると説明した。

TweakTownは、任天堂が8コアのArm A78C CPUとGeForce RTX 30シリーズAmpereアーキテクチャに基づく統合GeForce GPUを搭載したNVIDIA T230カスタムチップを共同開発しているとの見方が強いと付け加えた。

技術的な専門用語が多いが、ニンテンドースイッチに搭載されているものよりもはるかに優れているというのが、必ず知っておくべき結論だ。

また、Nintendo Switch 2は、NVIDIAの技術を採用することで、レイトレーシングに対応する可能性もあると噂されている。

噂されるゲーム機が実際に動くのを見るのは楽しみだ。それは確かだ。


関連リンク



先日の噂に補足がされていて、8コアのArm A78C CPUとGeForce RTX 30シリーズAmpereアーキテクチャになると示唆していますね。どのような結果になり、そしてどれ位のパフォーマンスを発揮するかですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク