ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

入力の最適化などを含む『Contra: Operation Galuga』のデイワンアップデートがもたらされている事を紹介!



入力の最適化などを含む『Contra: Operation Galuga』のデイワンアップデートがもたらされている事を紹介!としていて、レビューでは延滞が若干感じられる入力にダメ出ししていたので、これで安心出来るのは確かでしょうね。


『Contra: Operation Galuga』の発売直前、ほとんどのプラットフォームでデイワンアップデートが行われることがわかった。Switchではデイワンより少し長く待たされたが、ありがたいことにその待ち時間は終わった。パッチは現在Switchで公開されており、以下の調整が含まれている。

バグ修正
入力の最適化
視認性の向上

1980年代に発売された画期的なファミコン/アーケードゲーム『魂斗羅』をリロードし、再構築し、生まれ変わらせたアップデート: プレイヤーはエリートコマンドー、ビル・ライザーとランス・ビーン(および他の戦士たち)を操り、異世界のテロリスト集団レッド・ファルコンと戦うことになる。スプレッド・ショット、レーザー・ビーム、ホーミング・ミサイルといった象徴的な武器の数々を駆使して、プレイヤーは燃え盛るジャングル、極寒の山々、グロテスクなエイリアンの隠れ家などを走り、ジャンプし、撃ちまくる。ストーリーモード(1~2人用)、アーケードモード(1~4人用)、チャレンジモード(1人用)では、キャラクター固有のアビリティ、破滅的なオーバーロードパワー、不屈のボスが激しいアクションを繰り広げる。


関連リンク



先日のレビューで入力に若干のタイムラグがあると語られていたのが改善されたのは大きいですね。それがゲームにとってネックになっていたようだったので、これで安心して往年のファンは楽しめますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク