ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Apex Legendsの開発者Respawnは、EAのレイオフの影響を受ける最新のスタジオになった事が明らかに



Apex Legendsの開発者Respawnは、EAのレイオフの影響を受ける最新のスタジオになった事が明らかにとしていて、又してもレイオフという事で、まだ続くのかという話であって、人員整理は繰り返し行われているのは本当に残念ですね。


Apex Legendsの開発者Respawnは、EAのレイオフの影響を受ける最新のスタジオである。

Respawn Entertainmentの従業員(特にApex Legendsチームの従業員)が職を失ったという情報は、同僚や直接影響を受けた人々がソーシャルメディア上でニュースを共有し始めたので、今日の初めに出回り始めた。

Apex LegendsのレベルデザイナーであるAaron Stump氏は、『Apexチームは今日レイオフに見舞われた。もう3年近く一緒に働いてきた仲間が解雇されるのを見るのは最悪だ。』

EAでは大変な一日。シニアライターのピーター・スチュワートはTwitter/Xにこう書き込んだ。『無事であることに感謝しているが、現在進行中のレイオフの影響を受けているすべての人のことを思っている。このような環境でゲームを作るエネルギーや喜びを見出すのは本当に難しい。』

エイペックス・レジェンドのグローバル・ソーシャルメディア・リードであるアレックス・アッカーマン氏は、彼女が人員削減の影響を受ける一人であることを確認し、『エイペックスの20シーズンとRespawnでの5年間をほぼ一日にして、私の仕事は余剰人員となり、私は解雇されました。このゲームに取り組み、このコミュニティをサポートすることは、私のキャリアの中で本当に名誉なことであり、私の人生のハイライトでもありました。』

RespawnとEAは同スタジオのレイオフ報道についてまだ公式に言及しておらず(Eurogamerがコメントを求めている)、どれだけのチームメンバーが影響を受けたのかは不明だ。しかし、これらはEAが2月に発表した670人の人員削減の一部である可能性が高く、アンドリュー・ウィルソンCEOはレイオフのプロセスは『来四半期の初め』まで続くと述べている。

EAの最新レイオフの一環として、パブリッシャーは『将来のライセンスIP』から『自社IP、スポーツ、大規模オンラインコミュニティ』へと移行すると述べた。その結果、Respawnで開発中のスター・ウォーズFPS(マンダロリアンのゲームとされる)はキャンセルされたが、同スタジオで影響を受けている他のプロジェクトについては明らかにされていない。

本日のレイオフは、ゲーム業界の従業員にとって壊滅的な2024年となることが判明している中で、最新のものに過ぎない。2023年全体ですでに9000人以上が解雇されているのに比べ、2カ月弱で7500人以上が職を失っている。
関連リンク


またしてもレイオフという事で、この負の連鎖は続きますね。いつ解消されるのかという事になってきそうですが、会社を去る人が早く就職先が見つかればいいですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク