ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

サイバーパンク2077に、数年間は発見されていない可能性のあったイースターエッグがついに見つかる、その内容とは?



サイバーパンク2077に、数年間は発見されていない可能性のあったイースターエッグがついに見つかる、その内容とは?としていて、見つけた人も偶然で、巧妙だったとして仕込んだ人も喜んでいますね。


サイバーパンク2077は、間違いなく他のどの大規模オープンワールドRPGよりも、ビデオゲーム業界やCD Projekt Red、そして我々が愛するゲームを称える秘密や参照、イースターエッグが詰め込まれている。過去20年間に発売された人気IPを思い浮かべれば、『GTA』、『デス・ストランディング』、『マトリックス』、『セーラームーン』、『モータルコンバット』、『ウィッチャー3』、その他もろもろ、それを参照した秘密の1つや2つは見つかるだろう。

このタイトルのファンは今でも小さな秘密を見つけているが、今週初めにTwitterユーザーのCrushovitz氏が発見したものほど巧妙なものはないだろう。Crushovitz氏がメインメニューの右上にあるゲームの現在のバージョンを示す数字の上にマウスカーソルをランダムに移動させたところ、このイースターエッグが発見された。

お茶を一口飲んでいる間、マウスカーソルを数字の上に置いたままにしておくと、現在2.12と表示されている数字が、最終的に2.0.77という数字に落ち着く前に、グリッチして移動していることに気づいた。大発見というわけでもなく、ゲーム名のタイトル以外には何の言及もないが、現時点では何年もプレイヤーの前に隠れている可能性のある、極めて悪賢いイースターエッグだ。

あまりに巧妙なため、CD Projekt Redの開発者たちでさえ、一生見つからないかもしれないと思い始めていたほどだ。『サイバーパンク2077』のクエスト・ディレクターであるパヴェル・サスコ氏とプロデューサーのモニカ・ヤノフスカ氏はともに、Crushovitz氏の発見を祝福し、後者は『ようやく見つかってとても嬉しい』と語り、前者は『うまく隠しすぎた』のだろうと認めている。

サスコ氏もジャノフスカ氏も、この小さなイースター・エッグがいつからメイン・メニューに置かれ、プレイヤーに発見されるようになっていたのかについては明らかにしていないが、発見に対する彼らの反応を見る限り、少なくとも2、3年はそこにあったに違いない。また、CD Projekt Redは、電話ボックスにGTA San Andreasの引用文を発見したり、Pacficia Mallの看板に秘密のメッセージを発見したりしたのに続き、またしても分かりやすいところにイースターエッグを隠した。来週、誰かがジョニー・シルバーハンドの顔に隠された秘密を発見するだろう。


関連リンク





このまま見つからないままなんじゃないかという話だった中、やっと発見されたとして喜んでいるようですね。あまりに巧妙に隠し過ぎたとして、発見まで数年はかかったのではという話ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク