ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

パルワールドの大ヒットから2か月、今の現状について調べてみた、その結果は?



パルワールドの大ヒットから2か月、今の現状について調べてみた、その結果は?としていて、ロンチ時には大いににぎわい、210万人の同時接続も記録した話題作でしたが、それから一段落ついた感がある中、どのような判断がなされているか?


ポケットペアが開発したゲーム『Palworld / パルワールド』は、発売時にヒットしただけにとどまらなかった。「銃を撃てるポケモン」というネタゲー的な存在ではなく、しっかりとした中身のある魅力的なゲームであることを人々に示してのけた。PCゲームプラットフォームSteam(スチーム)史上最大級のヒット作となり、発売の1週間半後には同時接続プレイヤー数がSteam歴代2位の210万人に達した。

『パルワールド』は、ゲーム史上最も売れたシリーズである任天堂・ゲームフリークの『ポケットモンスター』を複数の面で改善しており、その人気ぶりからも、ポケモンの大きなライバルになる可能性が取り沙汰されていた。

私は以前、『パルワールド』のプレイヤー数減少に関する記事を執筆している。減少は今も続いているが、同作の現状を改めて調べてみることにした。

『パルワールド』は今も好調だが、話題性は確実に低下している。開発チームの規模が小さいポケットペアが今後、何を実現できるかについては、疑問が残る。そして、同作がポケモンの「真の」ライバルになるという見方は、(以前からそうだったものの)若干厳しいようにも思える。

同時接続プレイヤー数は、ピーク時の210万人から、現在は最大約14万~18万人へと減少。少ないときは5万~6万人となっている。ピーク時から94%下がった計算だが、それでも非常に安定したプレイヤー数だ。今もSteamの人気ゲームランキングトップ10の常連となっているが、プレイヤーが少ない時にはトップ10圏外となることもある。だが、『HELLDIVERS 2』のような驚異的なプレイヤー維持力はないようだ(ただし、発売から経過した期間は『HELLDIVERS 2』よりも長い)。1カ月前に発売された『HELLDIVERS 2』の同時接続プレイヤー数は、45万人のピークからは減っているものの、今も30万人台を維持し、トップ10圏内にとどまっている。

『パルワールド』はある程度頻繁にアップデートされているが、その内容は新規コンテンツの追加ではなく、バグ修正やゲームプレイの快適性向上に重点が置かれている。最新パッチは2週間ほど前に公開され、その内容は拠点内を移動するパルの経路に関するバグの修正だった。

カギを握るのは追加コンテンツの導入時期と方法
ポケットペアは、長期的なコンテンツ追加計画として、PvP機能や、新しいパル、新しいギア、エンドコンテンツとなるダンジョンなど、今後追加するコンテンツのリストを公開している。ただし、そのリリース時期については大まかな情報ですら公表していない。

プレイヤー数を増やすには、これらのコンテンツを少しずつ追加するべきだろうか? あるいは、一度にまとめて実装する方が良いのか? ポケットペアがどのような計画を立てているのかはわからない。

『パルワールド』が奇妙なゲームである点として、長期的な目標に向けてコツコツと進められる要素があるともないとも言えることがある。高レベルのパルを手に入れるため、長い時間をかけて無数のパルを捕まえたり育てたりはできるものの、サーバーをカスタマイズすれば、そうした作業にかかる時間や難易度を自由に調整できる。また、キャンペーンがないので、従来のゲームのように「クリアした」と言える段階もない。

さらに、『パルワールド』は「ライブサービスゲームである」とも「ライブサービスゲームではない」とも言える。バグ修正パッチが頻繁に公開されており、新しいコンテンツの導入も約束されているものの、今後のコンテンツはシーズンやバトルパスといったかたちではなく、ゲーム内課金の導入予定も発表されていない。ゲーム業界でのここ最近のトレンドを考えると、うれしいことだ。

『パルワールド』は発売直後に大成功を収め、ポケモンから多くの点が改善されているものの、これが瞬く間にポケモンの完全なライバルとなるとは、私は思えない。ただ、プレイヤー数が急激に減少したことは確かな一方、そもそも最初のプレイヤー数が非常に多かったため、ピーク時から94%を失った今もなお強固なプレイヤーベースを維持できている。

また、プレイヤーの減少ペースは徐々に緩やかとなっており、今後も堅調なコア層が残る可能性がある。新規コンテンツの導入を機に、またプレイヤー数が急増する可能性も十分あるだろう。頻繁にアップデートされている『HELLDIVERS 2』とは異なる方向に進んでいるものの、その道のりは堅実だ。前例のない大ヒット作の地位を長く維持することはできなかったが、それでも好調であることに間違いはない。


関連リンク



話題性の低下というのがあると指摘されていて、最近海外でもパルワールドというフレーズがさっぱり聞かなくなりましたね。今後真価を問われる事になるのは間違いなく、追加コンテンツという指摘通りですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク