ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

今まで一度もリメイクされた事がないタイトルでもある『鬼武者』は有名人を起用してモデリングする元祖として知られる中、そのシリーズを振り返る



今まで一度もリメイクされた事がないタイトルでもある『鬼武者』は有名人を起用してモデリングする元祖として知られる中、そのシリーズを振り返るとしていて、カプコンがこの路線を続けていれば面白かったですが、辞めてしまいましたね。


現在開催中の「CAPCOM PUBLISHER SALE」にて、Nintendo Switchの名作戦国サバイバルアクション『鬼武者』が、58%オフの1490円(税込)という価格でラインナップされている(3月25日まで)。『鬼武者』はPS2で大ヒットを記録したシリーズだが、一方でこれまで一度もリメイクされておらず、その内容を知らないというプレイヤーも多いのではないだろうか。

 有名俳優をモデリングしたことでも話題となった『鬼武者』シリーズについて、今回は振り返ってみたい。

■ミリオンセラーとなった記念すべき初代『鬼武者』
 カプコンのサバイバルホラータイトルといえば、実写映画まで公開されている大ヒットシリーズ『バイオハザード』が有名だが、そのノウハウを活かし2001年に生み出されたのが、シリーズの記念すべき初代作品となったPS2用ソフト『鬼武者』である。

 銃を武器にゾンビと戦っていた『バイオハザード』から一転、『鬼武者』は日本の“戦国時代”がモチーフとなっており、甲冑を身に纏った主人公が刀を武器にさまざまな脅威と戦っていく。

「空前絶後のバッサリ感」というキャッチコピーとともに発売された本作は、俳優の金城武さんが主人公・明智左馬介のキャプチャーモデルと声優を担当したことでも話題を呼んだ。

 本作でプレイヤーの行く手を阻むのは“幻魔”と呼ばれる怪物であり、人間のような姿をしているものから、巨大な体躯を持つおぞましい姿をしたものなど実に多種多様だ。ただの刀では到底太刀打ちできない怪物だが、左馬介は道中で出会った“鬼の一族”から“鬼の篭手”を受け継ぎ、人ならざる力を借りることで幻魔に立ち向かっていく。

 プレイヤーは幻魔を切り伏せながら、彼らの体から獲得した“魂”を使って武具や必殺技の要となる“龍玉”というアイテムを強化し進んでいくこととなる。

 本作最大のウリは、やはり爽快感あふれる“剣戟アクション”だろう。武器ごとの個性豊かな攻め手はもちろんのこと、相手の攻撃をタイミングよく弾くと繰り出せる“一閃”は文字通り一撃で相手を切り伏せることができ(ボス以外)、決まったときの快感はクセになること間違いなし。

 史実をベースに“幻魔”という存在を絡めた大胆なストーリー展開と、美麗なグラフィックが実現した迫力ある戦闘シーン。そしてなにより、『バイオハザード』から受け継いだ仄暗いホラーの空気感もしっかり表現された、なんとも隙のない一作となっている。

 まさに、のちに続いていく名作シリーズの元祖を切り開いた大ヒット作品だ。

■豪華俳優陣を引き連れ、確実に進化した正当後継作『鬼武者2』
 練り込まれたゲーム性やホラーと剣戟アクションの見事な融合、史実をベースにした壮大なシナリオ……など、さまざまな要素から多くのプレイヤーを虜にした『鬼武者』は、PS2ソフトとして初のミリオンセラーを記録する伝説の一作となった。この大ヒットを受け、2002年に発売されたのが、続編である『鬼武者2』だ。

 前作から13年後の戦国時代を舞台に、“柳生新陰流”の開祖・柳生十兵衛(のちの宗厳)を新たな主人公として、“鬼”と“幻魔”にまつわる物語が展開された。

 本作で柳生十兵衛役のモデルとなったのが、歌手・俳優として各方面で活躍した松田優作さんだ。2002年の段階ですでに故人となっていた松田さんだが、過去の画像・映像を用いたキャプチャーモデルと、ものまねタレント・ハードボイルド工藤さんの演技を組み合わせることで、かつての名優の姿をそのまま戦国時代で操作することが可能となった。

 また、主題歌を布袋寅泰さんが担当していたり、当時のCMに松田さんの息子である俳優・松田龍平さんが出演していたりと、前作にも増して出演陣、タイアップともに非常に豪華な一作だ。

 無論、ゲームシステムも初代に比べ大幅に進化しており、刀や“鬼”の力を使った爽快感あふれるバトルは健在。加えて今作では、道中をともにする仲間も多数登場し、刀とは一風変わった戦術を駆使するキャラを操作できるようにもなった。

 また、選択肢によってイベントが分岐したり、クリア後のやり込み要素が大幅に追加されたりと、全体的なボリュームも格段にパワーアップしている。

 操作性、アクション、俳優陣、遊び要素……どれを見ても一分の隙もない、まさに『鬼武者』シリーズの正当な後継作といえるだろう。

■時空を越えて描かれるシリーズの集大成『鬼武者3』
 初代、続編と着実な進化を遂げてきた『鬼武者』シリーズ。2004年には、完結編ともいえる『鬼武者3』が発売された。

 今作の主人公を務めるのは初代作品に登場した明智左馬介で、引き続きキャラクターモデル・声優に金城さんが起用されることとなった。

 しかし、なんと本作では二人目の主人公が登場。戦国時代と現代という二つの異なる時代を股にかけた、SF味あふれる壮大なストーリーが展開されていく。

 その二人目の主人公はフランスの軍人であるジャック・ブランという人物なのだが、なにより驚かされたのは、キャラクターモデルにフランスを代表する世界的名優、ジャン・レノさんが起用された点だろう。

 今作もシリーズ恒例の戦闘システムはさらに進化を遂げており、とくにジャックは“鞭”にも似た特殊な武器を使って、“掴み”や“投げ”、はては“銃”との組み合わせ技など、今までにない多彩なアクションを繰り広げていく。

 従来の作品からするとなかなか大胆かつ奇抜な世界観だが、美麗なグラフィック、壮大な音楽とともに繰り広げられる幻魔との最終決戦は、まさに手に汗を握る迫力だ。

 無駄を削ぎ落し、練り込まれたシステム設計やゲームバランスもまさにシリーズの集大成と呼ぶにふさわしい出来となっており、歴代のファンはもちろん、アクション初心者でも楽しむことができる一作となっている。

 時空を超え、それぞれの戦いに終止符を打とうとする二人の“鬼武者”の活躍を、ぜひその目に焼き付けてほしい。

 “ホラー”と“剣劇アクション”という二つの要素をミックスした『鬼武者』シリーズは、その唯一無二のゲーム体験によって大ヒットを記録し、プレイヤーたちの心を惹きつけた。いまだ根強いファンも多いだけに、今後のリメイクや続編の発表を期待してしまう、まさに伝説的なシリーズである。


関連リンク



龍が如くよりも前に芸能人を主人公に採用してゲーム化するという手法を編み出したのはカプコンですよね。今ではセガがすっかりその役目を担っていますが、元祖は鬼武者でしたね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク