ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

2013年の『Payday 2』は、2023年の『Payday 3』の約85倍の平均プレイヤーをSteamで獲得している現状を紹介!



2013年の『Payday 2』は、2023年の『Payday 3』の約85倍の平均プレイヤーをSteamで獲得している現状を紹介!としていて、それだけ旧作に人が集まっている現実があるとして、CEOが交代しますが、それで解決に近づくのかですね。


2013年の『Payday 2』は、2023年の『Payday 3』の約85倍の平均プレイヤーをSteamで獲得している。

火曜日、StarbreezeはPayday 3の不本意な業績を受けて現CEOを更迭したと発表したが、最新のSteamの数字が業績不振の規模を物語っている。

独立系SteamトラッキングサービスSteamDBによると、過去24時間で、『Payday 2』のピーク時のプレイヤー数は31,866人だった。対照的に、『Payday 3』のピーク時のプレイヤー数は378人だった。

この数字にはコンソール版のプレイヤーは含まれていないが、Paydayコミュニティの見解が浮き彫りになった。3月11日の一時期、Payday 3をプレイしていたのは130人に満たなかった。

Payday 3は、ロンチ時に77,938人のピークプレイヤーを記録し、まずまずのスタートを切ったが、相次ぐ技術的な問題や、開発元のStarbreezeとコミュニティ間のコミュニケーション不全が、ゲームのプレイヤー数を激しく減少させる一因となったようだ。

スターブリーズが外部マッチメイキング・ソフトウェアの問題のせいにした大規模なサーバー問題は、9月下旬にリリースされたこの協力型ゲームに泥を塗った。

11月、Embracer Groupはゲームが期待に応えられなかったと発表した。11月に行われたEmbracerの第2四半期決算Q&Aで、CEOのLars Wingefors氏はPayday 3が『予想より少し弱かった』と述べた。

『このゲームは第2四半期に投資を回収し、調整後EBITでプラスに寄与しましたが、経営陣の予想を下回る結果となりました。スターブリーズは現在、プレイヤー体験を改善するために懸命に取り組んでいる。』

火曜日にCEOの交代を確認する発表の中で、同社は 『異なるリーダーシップが必要である 』と述べた。

スターブリーズ会長のTorgny Hellström氏は声明の中で、『当社には、自社IPおよびライセンスIPによる魅力的なゲーム制作を中心とした明確な戦略がある。取締役会の統合的な評価は、戦略の実行には別のリーダーシップが必要だということです。』

Juergen Goeldner氏 は2023年から取締役会の一員であり、40年以上の業界経験を持つことから、暫定的な解決策として有力です。

関連リンク


最新作ははっきりいってとにかく人気が無いので、復活出来るのかというのが正直な感想ですね。様々な問題も浮彫りですし、解決にはまだ時間が必要ですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク