ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

カプコンは12日、ゲーム『モンスターハンター:ワールド』が全世界で2500万本販売したことを発表へ



カプコンは12日、ゲーム『モンスターハンター:ワールド』が全世界で2500万本販売したことを発表へとしていて、ライズも同じハードで出ていますが、ワールドのほうが人気になっているのは明らかなようですね。


カプコンは12日、ゲーム『モンスターハンター:ワールド』が全世界で2500万本販売したことを発表した。同社単一タイトルとして史上最高販売本数を更新した。

 『モンスターハンター』シリーズは、2024年3月に20周年を迎える、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。2004年の第1作発売以来、ネットワークを介して「他のプレイヤーと協力して強大なモンスターに挑む」というプレイジャンルを確立し、シリーズ累計販売本数9700万本(2023年12月31日時点)を誇る、世界中から注目を集めるコンテンツになっている。

 2018年に発売された『モンスターハンター:ワールド』は、「モンスターハンター」シリーズ初の世界同日発売やグローバルでの積極的なプロモーション活動により、発売から約1ヵ月で当社の歴代最高販売本数を更新。

 発売から6年以上に渡り継続的なデジタル販売を推進し今回、当社史上最高を更新する2500万本を達成した。また、昨年12月にシリーズ最新作『モンスターハンターワイルズ』を発表、2025年に発売予定であることも多くの関心と注目を集めている。

  カプコンは「当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、オリジナリティ溢れるゲームタイトルを創造し続け、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります」と伝えている。


関連リンク



2500万本とライズよりもワールドに人気が集まっていますね。ハイエンドなグラフィックと先行してPSとXBOXで出ていたのでその点がメリットになっているのかもしれないですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク