ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Oriシリーズで有名なデベロッパーがMicrosoftとMoon Studios はコラボレーションに完全に満足しておらず、これが彼らが次のゲームで協力していない理由であると主張するいくつかの噂を否定へ



Oriシリーズで有名なデベロッパーがMicrosoftとMoon Studios はコラボレーションに完全に満足しておらず、これが彼らが次のゲームで協力していない理由であると主張するいくつかの噂を否定へとしていて、どのような答えを述べたのかですね。


非常に人気のあるOri and the Blind Forest とOri and the Will of the Wisps をMicrosoftと一緒に提供した後、Moon Studios は、次のタイトルNo Rest for the Wicked がマルチプラットフォームになり、Private Division によって公開されると発表しました。

MicrosoftとMoon Studios はコラボレーションに完全に満足しておらず、これが彼らが次のゲームで協力していない理由であると主張するいくつかの噂がありました。

しかし、スタジオの共同創設者兼CEOであるThomas Mahlerは、Xの投稿への回答で、これはまったく当てはまらなかったと述べ、「 今後もXboxでエキサイティングなことをすると確信しています!」と述べています

Moon Studios が Private Division を採用した理由は 、「クロスプレイをサポートするすべてのプラットフォームで『ウィキッド』を出荷したかった」からだと彼は述べている。

No Rest for the Wicked は 4 月 18 日に PC、PlayStation 5、Xbox Series S/X 向けに発売されます。その後、スタジオが何をするかは現時点では不明ですが、2つのOriゲームと非常に有望なNo Rest for the Wicked の後、興味を持っていることはすでにわかっています。


関連リンク



マルチプラットフォームで展開したかったためだとしていますが、マイクロソフトがマルチ対応になったので、今後また距離が近づく可能性がありますね。良好な関係である事は確かなようですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク