ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5でリリースされる『ステラブレイド』はソニーとの提携が背景にあり、吉田修平氏によって見出され、規模が大きい作品に成長した事が明らかに



PS5でリリースされる『ステラブレイド』はソニーとの提携が背景にあり、吉田修平氏によって見出され、規模が大きい作品に成長した事が明らかにとしていて、元々スマホのゲームなどを手掛けていた会社えだったようなので、その辺はどうかですね。


シフト・アップの近日発売予定のアクションアドベンチャーゲーム『ステラブレイド』は、プレイステーションとの提携とサポートが始まる前は、規模が小さかった。

インタビューに応じたステラブレードのディレクター、キム・ジョンテ氏は、2021年頃にゲームの最初のプロトタイプが開発された後、吉田修平氏がシフトアップを訪れて試遊し、スタジオとプレイステーションとのパートナーシップの基礎を築いたと述べた。ゲームプレイの改善について、両社の間で具体的なやりとりが重ねられた。ソニーは特にローカライズ、QA、ツールの共有、さまざまなイベントでのゲームの紹介を担当し、スタジオはゲームデザインに専念できるようになった。

ソニーの関与以降、ストーリーに大きな変化はありませんが、『ステラブレイド』の全体的な構成は大きく変わりました。当初は小規模な構想だったが、主にモバイルゲームで知られる開発会社のシフト・アップが、より幅広い層にリーチするためにコンソールゲームの制作を目指したことで、ゲームの幅が広がった。

ゲームプレイに関しては、ステラブレードは主にアクションゲームで、オープンワールドのゾーンを探索することができるが、60/40の割合でアクションが有利になっている。敵のパターンを覚え、コンボをマスターし、襲い来る攻撃をかわすという、『ベヨネッタ』や『ニーア オートマタ』、『セキロ』のようなゲームと同じようなことがチャレンジとなる。

カスタマイズについては、主人公の衣装が約30種類用意され、アクセサリーやさまざまな髪型も用意される。ただし、これらはすべてゲームプレイには影響せず、純粋なコスメティックとなる。また、ステラブレイドではデュアルセンスコントローラーが採用され、触覚フィードバックやアダプティブトリガーなどの機能がサポートされる。また、PlayStation Storeで一時的に公開されていたプレイアブルデモが、2024年4月26日の発売に先駆けて正式に公開されることも明らかになった。

以前、流出した『ステラブレイド』のプレイアブルデモには、全身NSFWスーツやその他様々なコスチュームが含まれていることが報じられていた。


関連リンク



プレイステーションとの提携があり、吉田修平氏によって見出された作品だったようですね。当然インディーレベル以上の大きさのゲームですし、期待される作品に成長したといえますね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク