ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『ドラゴンボール ファイターズ』の開発元であるアークシステムワークスとパブリッシャーであるバンダイナムコが決裂したという噂が最近流れる、その背景とは?



『ドラゴンボール ファイターズ』の開発元であるアークシステムワークスとパブリッシャーであるバンダイナムコが決裂したという噂が最近流れる、その背景とは?としていて、どうしてそのような話が浮上しているのかという所ですね。


『ドラゴンボール ファイターズ』の開発元であるアークシステムワークスとパブリッシャーであるバンダイナムコが決裂したという噂が最近流れた。『ドラゴンボール ファイターズ』の最新アップデートは2月末に配信され、オンライン環境を改善するロールバック・ネットコードや、PS5版とXboxシリーズX/S版が追加された。これらの機能はファンが何年も待ち望んでいたものだが、ゲームプレイクリップを見ると、新しいアップデートが様々な点でゲームを壊していることがわかる。

『ドラゴンボール ファイターズ』のクリップの一部はネット上に投稿され、画面上でアニメーションが発生している最中にキャラクターがその場に留まったり、試合中に奇妙なキャラクターのクローン映像がバグったりといった、ゲームを壊すような不具合を示している。コミュニティからの反応は、不具合への不満から、それを見せることへの面白さまで様々だ。噂によると、このアップデートのバグの多さは、バンダイナムコがアークシステムワークスとの提携を解消した後、アークシステムワークスから開発を引き継いだためだという。

この噂は、ドラゴンボールのビデオゲームのモデラーで熱狂的なファンであるCreepsがツイッターに投稿したものだ。彼らによると、バンダイナムコが『ゼノバース2』、『カカロット』、『ファイターズ』といったゲームの開発に手抜きをしたせいで、バンダイナムコとアークシステムワークスの取引関係が悪化したという。Creepsによれば、この手抜きの主な原因は、バンダイナムコがファイターズとそのDLCの資金を不足させたことであり、とりわけ 『その他の理由 』だという。

バンダイナムコがドラゴンボールファイターズに資金を提供しなかったとされる理由

Creepsは『法的根拠が揺らいでいる』ため、これらの理由の詳細には触れられなかったが、彼らは、バンダイナムコが『ゼノバース2』やカカロットの発売後DLCと同じコンテンツモデルを『ファイターズ』でも再現したかったと主張している。アークシステムワークスは、バンダイナムコがゲーム開発者側と協力するのが難しいという理由で拒否したと思われる。その結果、『ドラゴンボール ファイターズ』のゲームを壊すような不具合やビジュアルの忠実度が低下したのは、バンダイナムコが社内でアップデートの開発を引き継いだか、アークシステムワークスが関与せずにサードパーティに委託したためだという。この可能性にはある程度の根拠があるが、ファンはこの噂を大いなる噂に見るべきだ。

Creepsは、今度の『ドラゴンボール スパーキング・ゼロ』が、前作に負けない最高のゲームになるよう、必要な時間と注意が払われ、手抜きがされないことを願っている。『ドラゴンボール スパーキング ゼロ』は、『ファイターズ』にインスパイアされた3Dアリーナファイターで、アニメにインスパイアされたなめらかなアートスタイルが特徴だ。スパーキングZEROは武道会天下一シリーズのメインラインとなる4作目のタイトルで、オリジナルの『スパーキング』の名称を使用しており、ファンから非常に期待されている。


関連リンク



関係が決裂した背景があるとして、今は制作にアークシステムワークスがタッチしていない模様ですね。資金を提供しなかったのがあったとしており、いざこざは本当かどうかという所ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク