ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ワーナー・ブラザース・ディスカバリーは、Adult Swim Gamesのパブリッシング・レーベルの一部または全部のゲームを閉鎖させる予定である事が明らかに



ワーナー・ブラザース・ディスカバリーは、Adult Swim Gamesのパブリッシング・レーベルの一部または全部のゲームを閉鎖させる予定である事が明らかにとしていて、外資系体質丸出しの行為といえそうで、もっと精査して検討しないんですね。


ワーナー・ブラザース・ディスカバリーは、Adult Swim Gamesのパブリッシング・レーベルの一部または全部のゲームを閉鎖させる予定であるようだ。Small Radios Big Televisionsの開発者であるOwen Deery氏はまずTwitter / Xで、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーからSteamとPlayStation Storeの両方で自分のゲームの『閉鎖』を知らせる連絡があったことを明かした。

その後、他の開発者からも同様のメッセージが多数寄せられ、Adult Swim Gamesに大きな変化があったことが明らかになった。『FistPuncher』の開発チームはSteamのアップデートで、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーが今後60日以内にゲームを閉鎖させ、削除することを明らかにした。

彼らはパブリッシャーの移管を要求しましたが、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーはこの要求を拒否したと言われています。譲渡の代わりに、すべての開発者のSteamページが削除される。つまり、コミュニティでのディスカッションやブログ記事、実績などが失われることになる。

Fist Puncherの開発者であるMatt Kain氏は、『私たちのコミュニティとプレイヤーには、10年以上にわたるディスカッション、スクリーンショット、ゲームプレイ映像、リーダーボード、プレイヤーの進捗、アンロックされたキャラクター、Steam実績、Steamカードなどがあります。』

『ビデオゲームはアートです。ビデオゲームは私たちをつないでくれる。ビデオゲームは重要だ。ビデオゲームは我々の文化遺産の一部であり、保存されるべきである。』

Rock Paper Shotgunの報告によると、一部の開発者は、リスト上やゲーム内のAdult Swimのクレジットや言及をすべて削除すれば、Steamにゲームを再パブリッシュできると知らされている。しかし、Matt Kain氏が言うように、Steamでのゲームの削除と上場廃止は、彼らの歴史とファンダムを丸ごと消し去ることになる。

今のところ、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーはその動きについて公式なコメントを出していないようで、Adult Swim Gamesのパブリッシング・レーベルが完全に閉鎖されるのかどうかは不明だ。今後数週間のうちに、特に上場廃止になるゲームの60日という期限を考えると、その運命についてもっと知ることになるだろう。


関連リンク



海外はこうした部分が極端なので、外資系らしくバッサリとリストラする見通しのようですね。妥協をしない姿勢は分かりますが、もう少し寛容性もあったほうがいいとは日本人的に思いますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク