ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

物議を醸しているアクティビジョン・ブリザードの元CEO、ボビー・コティック氏がTikTokの買収に興味を示し、パートナと共に取得を画策へ



物議を醸しているアクティビジョン・ブリザードの元CEO、ボビー・コティック氏がTikTokの買収に興味を示し、パートナと共に取得を画策へとしていて、巨額の金額が必要になるものの、そのお金を用意できているらしいとして、後はどうなるかですね。


物議を醸しているアクティビジョン・ブリザードの元CEO、ボビー・コティック氏がTikTokの買収に興味を示しているという。ウォール・ストリート・ジャーナルに掲載された報道では、TikTokが米国で禁止されるか、現在の所有者であるByteDanceによって売却される可能性のある法案が突然浮上したことを受けて、Kotickがこのセンセーショナルな動画共有アプリケーションを確保したいと望んでいることが明らかになった。

ボビー・コティック氏とそのパートナーは、TikTokを買収するために『数千億ドル』を支払う必要があると示唆されている。

ボビー・コティック氏は、マイクロソフトによるアクティビジョン・ブリザードの買収後、同社を退任した。彼は数ヶ月間沈黙を守っていたが、ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、数千億ドル規模の買収を行う可能性があるという。

米国では、ByteDance(北京を拠点とする組織)がTikTokを売却するか、あるいは米国で禁止するよう要求する法案が進められている。記事の中では、1億7000万人のアメリカ人がTikTokを利用していると言及されており、禁止が進めば中国の組織にとって壊滅的な打撃となるだろう。

伝えられるところによると、ボビー・コティック氏はTikTokの野心的な買収に参加するパートナーを探している。彼は『OpenAIのCEOであるサム・アルトマンを含む関係者のテーブルに、TikTokを買収するために提携するというアイデアを浮かべた』らしい。

現在議会に提出されている法案は、すでにバイデン大統領によってほぼ承認されている。これは、ByteDanceがアメリカ政府の最高幹部と対決するか、あるいはボビー・コーティック氏が率いる政党に売却して数十億ドルを吸い上げられるかという、重く激しい状況だ。


関連リンク



大金持ちだったんですねとしか言いようがない買収案になっており、パートナーと共同で取得する意向を固めているようですね。何のために買収するのか、ツイッターのような末路にならないことを願いたいですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク