ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『ロリポップチェーンソーRePOP』を担当している安田氏が、ボイス吹き替えについて言及、その概要とは?



『ロリポップチェーンソーRePOP』を担当している安田氏が、ボイス吹き替えについて言及、その概要とは?としていて、どのような選択が可能になっていて、その辺は特に海外ゲーマーが反応している話になっているようですね。


『ロリポップチェーンソー』のプロデューサーが、『ロリポップチェーンソーRePOP』は、重要な機能である英語と日本語の吹き替えボイスを選択できることを確認した。『ロリポップチェーンソー RePOP』は2012年に発売されたPS3とXbox 360のオリジナルゲームのリマスター版で、当初はリメイク版として発表されたが、後に単なるリマスター版に縮小された。当初は2023年発売予定だったが、2024年夏に延期された。『ロリポップチェーンソー』リマスターのプロデューサーである安田善巳氏は、自身のTwitterアカウントでゲームの進捗状況について様々な投稿を行い、ファンに最新情報を提供している。そのうちのひとつが、ゲームの声優についてだ。

オリジナル版『ロリポップチェーンソー』は、日本を含む世界各国より1日早く北米で発売された。英語の吹き替えキャストには、このゲームに参加している有名な俳優が多数起用された。ジュリエット・スターリング役のタラ・ストロング、スワン役のショーン・ガン、ヴィッケ役のマイケル・ルーカーなど、有名どころが名を連ねている。このゲームには、オリジナルの英語版には含まれていなかった日本語吹き替え版もあった。日本語版には有名声優が多数起用され、プラットフォーム版によってジュリエット・スターリング役を2人の異なる人物が演じている。

安田善巳氏によると、『ロリポップ・チェーンソーRePOP』のファンは、オリジナル版と同じキャストを両言語で聞くことができるという。安田氏はまた、『RePOP』ではすべてのバージョンで2つのボイストラックを選択できる機能が追加されることも確認している。安田氏の発言は、これらの旧キャストの再登場が、オリジナルゲームからのアーカイブ音声によるものなのか、オリジナル俳優による再録音によるものなのかについて、少し曖昧である。

日本語ボイストラックで『ロリポップチェーンソー』をプレイしたことがない人がほとんどだったため、ファンはこのニュースを聞いて非常に興奮した。『ロリポップチェーンソー』のアメリカ中心の設定、プロット、西洋コメディホラーのスタイルを考慮すると、このゲームを体験するユニークな方法になると、これらのゲーマーは感じている。また、ツイッターのユーザーたちは、ジュリエット・スターリングが喜多村英梨氏か日笠陽子氏のどちらかが声を担当していること、そして彼らの声がプレイしたバージョン専用であることを考慮し、ボイス・オプションがどのように機能するかについても議論している。彼らは、RePOPはプレイヤーが好きな時にゲームプレイ中にどちらかの女優を選べるようにする可能性があると推測しているが、ゲームがバージョン専用ボイスにどのように対応するかは興味深い。

『ロリポップチェーンソー RePOP』にもたらされた改善点には、ロード時間の短縮、戦闘と当たり判定の調整、解像度とFPSオプションの強化などがある。ジェームズ・ガンや須田51のようなオリジナルのクリエイターがリマスターに関わっていないため、若干の懸念はあるが、ファンが期待に応えられるかどうかは、2024年夏の発売までそれほど長く待つ必要はないだろう。


関連リンク





日本語ボイスが海外でも選択可能になるとして、ジャパンカルチャーが好きな人は喜んでいるようですね。日本だと英語の吹き替えでも遊べる意味合いがあって、その辺はアピール材料のようですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク