ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『バイオハザード』シリーズが人気を博し続ける中、カプコンは『バイオハザード5 リメイク』の発表に向けた準備を進めている模様、その根拠とは?



『バイオハザード』シリーズが人気を博し続ける中、カプコンは『バイオハザード5 リメイク』の発表に向けた準備を進めている模様、その根拠とは?としていて、4の次は5となるのは分かりますが、シリーズの中でも人気が低いのでその辺がどうなのか?


『バイオハザード』シリーズが人気を博し続ける中、カプコンは『バイオハザード5 リメイク』の発表に向けた準備を進めているようだ。長年愛され続けてきた『バイオハザード』だが、『バイオハザード4 リメイク』の成功により、ファンの間では『バイオハザード』シリーズに何が待ち受けているのか、これまで以上に期待が高まっている。そして今、パブリッシャーの最新情報からカプコンの計画が垣間見えるかもしれない。

ホラーというジャンルはここ数年、特に『バイオハザード4 リメイク』の成功により、ゲーム界で顕著な復活を遂げている。同タイトルは2023年12月31日時点で648万本を売り上げ、シリーズ最速のセールスを記録した。この記録は、同じ時期に580万本を売り上げた『バイオハザード2 リメイク』が保持していたものである。この成功の中、カプコンは同様のリメイクでフランチャイズを存続させようとしているようだ。

Twitter/Xの@PRE_Alarabiyaによると、Steamのデータベースにあるバイオハザード5のパッケージが、バイオハザード4リメイクのゴールドエディション発売の数日前に3つのアップデートを受けたという。このアップデートにより、パッケージからバイオハザード5の名称、リリースデータ、ベースゲームが削除された模様です。カプコンはリメイク版についてまだ正式なコメントを出していないが、Steamのデータベースにあるゲームのページが3年ぶりに更新されたという事実は、今後の発表の可能性を示唆している。一部のファンは、パブリッシャーがフランチャイズ30周年に合わせた2026年のリリースを視野に入れているのではないかと既に推測している。

もちろん、『バイオハザード5』リメイクの可能性はほぼ確定している。カプコンはすでに『バイオハザード4 リメイク』とそのDLC『Separate Ways』で続編の下地を作っている。しかし、『バイオハザード5 リメイク』だけがシリーズで噂されているプロジェクトではないことは注目に値する。最近のリークによると、カプコンは5本のバイオハザードを開発中で、バイオハザード9はそのうちの1本である可能性が高い。他のプロジェクトがどのようなものかは不明だが、初代『バイオハザード』と『バイオハザード コードベロニカ』のリメイクが数年以内に実現するとの見方もあるある。

興味深いことに、カプコンの数年来のIPに対する意欲はバイオハザードだけにとどまらない。先月、カプコンは『ブレス オブ ファイア』、『ディノクライシス』、『鬼武者』、『大神』など、カプコンを象徴しながらも休眠状態にあるIPを復活させる可能性を示唆した。現時点では、特にバイオハザードのプロジェクトが噂される中、カプコンが今後のプロジェクトにどのような優先順位をつけるかは未知数だ。いずれにせよ、カプコンの創立45周年まで3ヶ月を切った今、パブリッシャーが計画を正式に発表する日はそう遠くないかもしれない。


関連リンク



噂では複数のバイオが動いているととしていて、当然バイオ9もそれに含まれるらしいという話だったので、それがいつどこで正式なアナウンスになるかというのは注目されそうですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク