ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

2月に発売された最大級ゲームのひとつである新作が、XboxシリーズSでは454pで動作することがあり、新たな問題に



2月に発売された最大級ゲームのひとつである新作が、XboxシリーズSでは454pで動作することがあり、新たな問題にとしていて、本当に限界なのかという所であって、今後このようなソフトがどれだけ出てくるかですね。


2月に発売された最大級ゲームのひとつである新作が、XboxシリーズSでは454pで動作することがあり、このゲーム機の大きな問題点、つまりこのゲーム機世代が長くなればなるほど、そのパワー不足が露呈していることを浮き彫りにしている。昨年、『バルダーズ・ゲート3』がXboxで発売されたとき、XboxシリーズS版はゲーム機の技術的限界のために画面分割協力プレイをサポートしなかった。今回もまた、XboxシリーズSが最適化されていないゲームの実行に苦労している例だ。

Digital Foundryが伝えているように、最近の『Brothers: A Tale of Two Sons』では、安定したフレームレートを維持するために、その場で解像度を変更できるダイナミックレゾリューションが採用されている。PS5とXboxシリーズXでは、この結果、ゲームは1260pから1620pの範囲で動作する。これは、2160pを快適に動作させることができるコンソールにとっては明らかに不利だ。言い換えれば、リメイク版がそれほど最適化されていないことを示唆している。しかし、PS5とXboxシリーズXでは、これはひどい範囲ではない。具体的には、XboxシリーズSでは454pから720pの範囲です。

通常、後者か少なくともそれに近いことは実現しているが、454pまで落ちるのは受け入れがたい。しかも、これは『クオリティ・モード』でゲームを実行しているときの話だ。パフォーマンス・モードでゲームを実行している間も同じ範囲だが、もう少し落ち込みがあり、フレームレートはXboxシリーズXやPS5ほど安定していない。

Xbox Series Sの制限は、ゲーム機を所有し使用する人々にとって問題が大きくなっているだけでなく、業界内でもゲーム開発の妨げになっているという議論が高まっている。もちろん、ゲームをデザインしたり作ったりする際には、最小分母を考慮に入れなければならないが、ゲーム機の分野では、Switchで出荷している場合は別として、XboxシリーズSがそれにあたる。

XboxシリーズSの限界がどれだけの頻度で、どれだけの厳しさで現れるかはまだわからない。はっきりしているのは、『Brothers: A Tale of Two Sons』をプレイするには不向きだということだ。


関連リンク


XSSの最適化問題が又1つ出てきているとして、454pまで低下するのは限界を見せているとの事ですね。ハイエンドゲーム機の下位互換ハードなので、何処までサポートしきれるかが今後鍵ですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク