ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

任天堂がスイッチエミュレーターに対し、訴訟を起こし、和解したことはエミュレーター界隈で大きな衝撃になっている模様



任天堂がスイッチエミュレーターに対し、訴訟を起こし、和解したことはエミュレーター界隈で大きな衝撃になっている模様としていて、裁判できちんとした決着を見ていないので、何とも言えないですが、今後どうなっていくのかといえそうですね。


任天堂といえば、エミュレーターに関する話題が絶えないが、最近、Big NとYuzu Switchエミュレーターの開発チームとの戦いで、その議論は新たな盛り上がりを見せている。任天堂は当初、Yuzuのクリエイターを訴えるつもりだったが、弁護士を雇った後、Yuzuのチームは任天堂と240万ドルの和解を成立させた。この和解は、Yuzuのチームがドメインを引き渡し、エミュレーターの開発/配布を停止しなければならないことも意味している。

エミュレーターを作り続ける人が他にもいることは間違いないが、この数百万ドルの和解金が一部の開発者を不安にさせたことは間違いない。和解の発表からわずか数日後、Pizza Emulatorsの開発者は、ゲームボーイ・カラーとゲームボーイアドバンスのエミュレーターをGoogle Playストアから削除すると発表した。

これらのエミュレータの開発者は、これらのアプリの開発よりも『家族を優先することを選択した』ため、永久に削除されると述べている。エミュレータを削除した理由について、開発者はこれ以上具体的なことを語らなかったが、少なくとも『Yuzu』の結果は彼らの決断に何らかの影響を与えたと考えるべきだろう。


関連リンク



先日のYuzuとの和解はエミュレーター界隈に衝撃を与えたようで、任天堂系のエミュレーターは淘汰される恐れが出てきましたね。それだけのインパクトもありましたし、又判例が出来た形ですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク