ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Deadlineが最近掲載した記事で、映画『ウォッチドッグス』がニュー・リージェンシー・メディアで製作中であることが確認へ



Deadlineが最近掲載した記事で、映画『ウォッチドッグス』がニュー・リージェンシー・メディアで製作中であることが確認へとしていて、現在どのような事が行われているのか判明しているのかどうかですね。


Deadlineが最近掲載した記事で、映画『ウォッチドッグス』がニュー・リージェンシー・メディアで製作中であることが確認され、キャスティングが開始された。ユービーアイソフトのオープンワールドアクションシリーズの実写映画化で、『Talk To Me, Eden』のソフィー・ワイルド(Sophie Wilde)が出演交渉に入ったことが明かされている。

Deadlineの記事では、映画製作関係者の胸に秘めた詳細が強調されている。2014年にデビューしたゲーム・シリーズと同じような内容であれば、ハッカーのキャラクターが、すべてをコントロールするインテリジェント・オペレーティング・システム『ctOS』の生みの親である、怪しげで謎めいたブルーム・コーポレーションと対決することになる。

『ウォッチドッグス』には、反乱、ステルス、テクノロジー、アクション、犯罪といったテーマが随所に盛り込まれており、シリーズの新作が出るたびに、より大胆で未来的になっている。1作目はシカゴを舞台にした硬質で都会的なアドベンチャーで、2作目はサンフランシスコを舞台にした明るく活気に満ちた、より『ヒップ』なオープンワールドの小旅行だった。3作目(そして最新作)はロンドンが舞台だったが、シリーズ中、圧倒的に評判の悪いタイトルだった。

結局のところ、『ウォッチドッグス』はそれ自体がひとつの物語であり、そこには解釈の余地がある世界がある。製作はヤリヴ・ミルチャンとナタリー・レーマン、そしてユービーアイソフトのマーガレット・ボイキン。クリスティー・ルブランが脚本を担当し、マチュー・トゥリが監督を務める。


関連リンク



映画化が進行中としていて、いつ公開予定になるのかという話はまだ出ていないのでプリプロダクション中の可能性が大きいですね。2025年以降の公開が濃厚ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク