ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

次に任天堂がリリースする『ピーチ姫:ショータイム!』は開発したのはどうやらグッドフィールになる模様



次に任天堂がリリースする『ピーチ姫:ショータイム!』は開発したのはどうやらグッドフィールになる模様としていて、その判明した理由とは?という事になっており、どのような経緯で特定できたのかというのは気になる話ですね。


任天堂はファーストパーティタイトルのうち、特に外部スタジオが開発したものについては、どのスタジオが開発したかを明らかにしないことがある(最近だとスーパーマリオRPGのリメイクがアルテピアッツァが開発した)

しかし、最近公開されたデモのデータマイニングのリークから、『ピーチ姫:ショータイム!』の開発が『毛糸のカービィ 』、『毛糸のヨッシー』、『ヨッシークラフトワールド』などを手掛けたスタジオ、Good-Feelだ。

これはFamiboardsのユーザーであるMondoMegaによると、ゲームのデモファイルの内部名称は『PJ037』であり、同スタジオが開発した過去のタイトルの内部名称規則と一致しているとのこと。例えば、『ヨッシークラフトワールド』の内部名称は『PJ033』だった。

任天堂は『ピーチ姫:ショータイム!』の開発スタジオについて公式な情報を提供しておらず、今後も提供する可能性は低い。

このゲームの開発に関する他の詳細、例えばどのようなエンジンで作られているのかなども、ほとんど明らかにされていないが、中国で発見されたこのタイトルの展示箱には、前述の『ヨッシークラフトワールド』と同様、Unreal Engineを使って開発されていることが明らかにされている。

『ピーチ姫: ショータイム!』は3月22日にNintendo Switchで発売される。


関連リンク



任天堂の場合、ファーストはもちろん、セカンドパーティーも充実していますから、その辺で自前でやっていけるポテンシャルをトータルで任天堂が発揮出来る体制になっている一例ですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク