ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『ファイナルファンタジー7リバース』が発売となり、3部作の締めくくりとなるパート3についての構想とそのシナリオはどのようになるのか、浜口直樹氏に伺う



『ファイナルファンタジー7リバース』が発売となり、3部作の締めくくりとなるパート3についての構想とそのシナリオはどのようになるのか、浜口直樹氏に伺うとしていて、まだ時期尚早な部分がありますが、どのように答えたのかですね。


前編から約4年、ついにPS5で発売されることになった『ファイナルファンタジー7 リバース』。クリエイティブ・ディレクターの野村哲也氏は2022年6月に開発が開始されたことを確認し、ディレクターの浜口直樹氏は先月、脚本が進んでいることを明らかにした。

IGNとのインタビューの中で、浜口氏は第3部でフィーチャーされる可能性のあるコンテンツ、例えばロケットタウンについて語った。Rebirthに登場するがプレイアブルではないシドの故郷だ。『ロケットタウン』に関しては、これも野島さんの当初の構成にはなかったものですが・・・。

『そして、今回のリメイクシリーズでは、シドというキャラクターの登場方法が少しアレンジされていることを考えると、野島さん、野村さん、私の3人の意見が一致し、次回作で検討することになりました。』

また、『リバース』からはゴンガガ地方にフォーカスするため、一部エリアがカットされている。原作ではゴンガガエリアはプレイヤーのオプションだったことを考えると、『リバース』ではもっと掘り下げて表現したかった。だから、これもまた追加的な考慮事項だったんだ。』

『ファイナルファンタジー7』のキャラクターとコンテンツが統合されたことも、オリジナル版との大きな違いだ。『Dirge of Cerberus』のヴァイスは『ファイナルファンタジー7 リメイク』のDLC『INTERmission』に登場し、エレナは『Rebirth』に登場する。第3弾ではさらにコンピレーションコンテンツが追加されるのでしょうか?

浜口氏は、『第3弾の具体的な内容については、今は申し上げられませんが、『ファイナルファンタジー7』のコンピレーションタイトルに登場したキャラクターは、毎回好評をいただいています。』

『ファイナルファンタジー7』のコンピレーションタイトルに登場したキャラクターたちの中から、ファンの皆さんが愛してやまないキャラクターたちに会えるというのは、とても嬉しいことです。ですから、今後もこれらに触れることができればと思っています。ただ、現時点ではストーリーに関しては何も決まっていません。 つまり、期待は抑えつつも、『絶対とは言わない 』ということです。

発売日未定の『ファイナルファンタジー7 リメイクパート3』の続報をお楽しみに。


関連リンク



浜口氏はストーリーはまだ何も決まっていないと明言しているので、どのような姿になるかは最低4年後という話になりそうですね。PS5/6での発売が濃厚で、楽しみはしばらく先ですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク