ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

日本の裁判所は、任天堂の産業医が2人の看護師に対する『パワーハラスメント』に責任があったと認定し、任天堂は罰金1300ドルを支払う事を命じられる



日本の裁判所は、任天堂の産業医が2人の看護師に対する『パワーハラスメント』に責任があったと認定し、任天堂は罰金1300ドルを支払う事を命じられるとしていて、任天堂からこの手の話が出てくる事が異例ですね。


日本の裁判所は、任天堂の産業医が2人の看護師に対する『パワーハラスメント』に責任があったと認定し、任天堂は罰金1300ドルを支払わなければならなくなった。パワハラとは、『上司が職場での立場を利用して、同僚に肉体的苦痛や精神的苦痛を与える行為』のことである。

2人の女性看護師は、正規雇用につながるプログラムの一環として任天堂に派遣されたが、上司との関係が悪化したために結局拒否されたと主張した。二人はまた、上司がパワハラの黒幕であるとも主張した。裁判所は、パワハラの主張については彼女たちを支持したが、正規雇用を拒否されたことについては同意しなかった。

二人の看護師が任天堂でおよそ5ヶ月働いた後、派遣会社は『医師と円滑な協力体制を築けなかった』ことを理由に、二人を正社員にはしないと告げられた。どうやら彼らの上司は職場で挨拶もせず、2人とメールでしかコミュニケーションを取ろうとしなかったようで、それがパワハラ判決につながったようだ。


関連リンク



任天堂からこの手の話を聞くのは珍しいケースですね。開発部署とかそういう場所ではない、意外性のある部分での問題があったようで、任天堂の正式回答が待たれますね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク