ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『グランド・セフト・オート』は昨年のホリデー四半期に約2億ドルを稼ぎ出し、GTAフランチャイズ全体の収益を新たな高みに押し上げる



『グランド・セフト・オート』は昨年のホリデー四半期に約2億ドルを稼ぎ出し、GTAフランチャイズ全体の収益を新たな高みに押し上げるとしていて、その概要とは?として、どの程度の売り上げを占めていたのかなど紹介していますね。


『グランド・セフト・オート』は昨年のホリデー四半期に約2億ドルを稼ぎ出し、GTAフランチャイズ全体の収益を新たな高みに押し上げた。

テイクツー・インタラクティブの最新決算では、ゲームの売上と全体的な業績に関する最新情報が発表されている。驚くなかれ、『グランド・セフト・オート』シリーズは依然として好調で、2023年のホリデーシーズンには1億8900万ドルを売り上げ、当四半期には『GTA V』の販売本数が500万本増加した。

テイクツーの最新決算報告によると、『グランド・セフト・オート』シリーズの売上は9ヶ月間の純売上高の15.2%を占めている。GTAの第3四半期の収益シェアを求めるには、6ヶ月間の値から9ヶ月間の値を引けばよい。これは24年度第3四半期の約1億8959万ドルに相当し、昨年の1億9120万ドルと比べるとほぼ横ばいである。

さて、このデータを文脈に当てはめてみよう。2023年10月~12月、『グランド・セフト・オート』は2つの主要サービスに登場した。『 GTA V』がPlayStation Plusに登場し、『GTA』3部作のフルリマスターがNetflix加入者に提供されたのだ。

また、テイクツーの報告によると、ロックスター・ゲームスは『Grand Theft Auto V』を小売店に500万本出荷し、『GTA V』の生涯出荷本数は1億9500万本という驚異的な数字となった。GTAフランチャイズは現在、全世界で4億2,000万本以上を出荷している。

テイクツー・インタラクティブが提供したデータによると、『グランド・セフト・オート』シリーズは、2013年9月の『グランド・セフト・オートV』発売以来、89億3000万ドルを売り上げている。この数字には、コンソール3世代とPCでのGTA Vの売上、『グランド・セフト・オート・オンライン」でのゲーム内消費、最新の『グランド・セフト・オート トリロジー - ディフィニティブ・エディション』リマスターコレクションなど、多数の売上が含まれている。


関連リンク



GTAタイトルがここまで強いとGTA6をなかなか作り出そうとしなかった訳にも繋がりますよね。10年新作が出ていないのに未だに500万本とか売れればずるずると遅れるのも無理はないですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク