ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ドラゴンズドグマ2は、血と血糊の描写、不快な言語、性的な内容、暴力により、ESRBより成熟したレーティングを受ける、その概要とは?



ドラゴンズドグマ2は、血と血糊の描写、不快な言語、性的な内容、暴力により、ESRBより成熟したレーティングを受ける、その概要とは?としていて、大人向けコンテンツになった理由と、そしてどんなアプローチをしているのかですね。


ドラゴンズドグマ2は、血と血糊の描写、不快な言語、性的な内容、暴力により、ESRBより成熟したレーティングを受けました。

ドラゴンズドグマ2では、プレイヤーは広大なオープンワールドを冒険することになる。プレイヤーは元囚人となって過去を暴き、邪悪なドラゴンに予言された破滅的な出来事を阻止する使命を果たす。カプコンは、前作で成功した方式を基に、広大な探索の機会と複雑でアクション指向のロールプレイングメカニックを提供することを目指している。

ESRBのレーティングサマリーでは、ゲーム中に登場する成熟したコンテンツに関する詳細な情報を提供している。このゲームは三人称視点からの戦闘システムを特徴としており、人間やファンタジーの敵の両方に対して使える様々な武器や魔法の呪文が登場する。戦闘は激しく、リアルな効果音と血の視覚効果で戦闘の残酷さを強調している。いくつかのカットシーンは特に生々しく、スローモーションでモンスターの首が切られ、その首が戦闘に使われる場面もある。

このゲームは戦闘以外にも成熟したテーマを探求している。暗黙の性行為につながる風俗嬢との交流があり、黒くフェードアウトするシーンで示唆される。ロマンチックな親密さは、フルヌードには至らないものの、キャラクターが暗示的なポーズをとるカットシーンで描かれている。さらに、このゲームでは、詳細な露骨さはないものの、乳房を露出したクリーチャーが描かれている。

『sh*t 』のような冒涜的な言葉が含まれていることも、このゲームが成熟したレーティングになった一因である。加えて、このゲームにはオンライン上での交流やゲーム内課金の機能が搭載される。

ドラゴンズドグマ2はカプコンが開発した期待のアクション・ロールプレイングゲームで、2024年3月22日に発売予定。2012年に発売され好評を博した『ドラゴンズドグマ』の続編となる。PC、プレイステーション5、Xboxシリーズで発売される。


関連リンク



ワールドワイドで1000万本を狙っているタイトルなので、いろんな意味で大きな期待がかかるだけに、レーティングも大人をターゲットにした広いパイを獲得したい意思があるようですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク