ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

The Game Awards 2020において、任天堂は『大乱闘スマッシュブラザーズスぺシャル』のDLCファイターとしてセフィロスを発表し、この夜最大のサプライズを提供した中、浜口氏にも知らされていなかった事が明らかに



The Game Awards 2020において、任天堂は『大乱闘スマッシュブラザーズスぺシャル』のDLCファイターとしてセフィロスを発表し、この夜最大のサプライズを提供した中、浜口氏にも知らされていなかった事が明らかに


The Game Awards 2020において、任天堂は『大乱闘スマッシュブラザーズスぺシャル』のDLCファイターとしてセフィロスを発表し、この夜最大のサプライズを提供した。この発表はまったく予想外のもので、スクウェアエニックスの浜口直樹氏にも衝撃を与えた。浜口氏は同年、『ファイナルファンタジーVII リメイク』の共同ディレクターを務めており、Nintendo Switchの格闘ゲームにおけるセフィロスの描写に何らかの意見や関与があるのではないかと考える人もいるかもしれない。しかし、浜口氏はKinda Funny Gamescastのエピソードで、この件全体が 『極秘事項 』であることを明かした。

『セフィロスがスマブラに登場することは、実は極秘だったんです。私を含め、開発チームの誰も知らなかったんです。世界中に知れ渡ったときが、僕らが知ったときだった。『ああ、全然知らなかった!』という感じでした』。

この言葉は、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズの新ファイターを取り巻く秘密主義について、かなりの部分を物語っている!セフィロスが発表された当時、浜口氏はセフィロスが物語で重要な役割を果たす『ファイナルファンタジーVII リバース』の制作に取り掛かっていたようだ。しかし、任天堂とスクウェアエニックスは、その秘密が先に漏れないように、物事を伏せておく必要性を感じていた。幸いなことに、セフィロスの『大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル』への登場に対する反応は非常に好意的なので、浜口氏の意見は必要なかったようだ。

セフィロスの『大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル』への登場はサプライズだったかもしれないが、非常に理にかなったことだった。何しろ、クラウド・ストライフは2015年にDLCファイターとして格闘ゲームシリーズに参戦している。その時点ではファイナルファンタジーVIIは任天堂のシステムで登場すらしていなかったので、この動きもかなり大きな驚きだった!『ファイナルファンタジーVII リメイク』と『ファイナルファンタジーVII リバース』は現在PS5とPC専用だが、オリジナルの『ファイナルファンタジーVII』とその前日譚『クライシス コア』はNintendo Switchで発売されている。

現時点では、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの将来について多くの疑問がある。ニンテンドースイッチ版は大成功を収め、全世界で3,300万本以上を売り上げた。『大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル』では、クラウドやセフィロスのような任天堂以外のフランチャイズからのキャラクターも含め、89人もの膨大なプレイアブルキャラクターが登場した。任天堂の次期ゲーム機向けにシリーズ新作の開発が開始されたことは示唆されているが、開発者が現在の登録キャラクターを維持できるのか、あるいはサードパーティの人気キャラクターが戻ってこない可能性もある。何らかの発表があるまでは、ファンは推測するしかないだろう!


関連リンク



スイッチ後継機はスペック的にドッキング時でPS4PRO並みを示唆されているので、リメイクは可能かもしれないですが、リバースはPS5とPCなので無理ですね。その辺を踏まえると難しいでしょうね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク